子どもに何の罪もない日本国の貧困化と劣化の現状!

<スポンサーリンク>

子どもの貧困1
大阪府寝屋川市の中1遺棄は衝撃的な事件で種々の問題点を炙りだした。

何の罪もない子供に襲いかかる行為は極悪非道と言わざるを得ないが、

容疑者自身が過去の性癖犯罪から刑務所で服役し昨年出所したにも関わらず

再犯罪を犯すという、実に更生不十分であった。

日本の法律が加害者に甘い更生内容が今回の事態を招いた。

また、地域には過去に性癖犯罪歴がある人物であることを知らせなければ

抵抗の出来ない人は安心して生活が出来ない。

アメリカの一部では周知制度があるようだが。

また地域にも深夜時間などに徘徊する子どもには声掛けなども必要である。

廻り回って少子化が引き起こす問題点でもある、

<スポンサーリンク>

つまり子どもの社会性の低下でもある。

子どもの貧困2

現在、日本の子どもたちが劣化してきているといわれているが

決して子どもだけではない日本国の劣化が引き起こしている

問題であることを知らなければならない。

それが6人に1人という子どもの貧困化の引き金を引いているのである。

根本的には以下の内閣府の政策資料を参考にしていただきた

い。http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/

平成27年版7月に少子化社会対策白書が公表になり、

この少子化社会対策白書とは、子ども・子育て支援新制度へ、

我が国の人口は、平成17年に減少局面に入り、

少子化問題は、社会経済の根幹を揺るがしかねない、

待ったなしの課題となっている。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る