巨大な前方後円墳である仁徳天皇陵5つの謎に迫る!

<スポンサーリンク>


著者 安本美典氏の「盗掘でわかった天皇陵古墳の謎」

というタイトルの内容からのものであることご理解いただき、

世界遺産を目指す百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)(堺市)と

古市古墳群(ふるいちこふんぐん)(羽曳野市・藤井寺市)は、

仁徳陵古墳(にんとくりょうこふん)や応神陵古墳(おうじんりょうこふん)

をはじめとする大型古墳などからなる巨大古墳群への1市民としての

理解が進むことを願いながらのものであることをご理解頂きたい。

のべ140万人以上が5世紀中葉から後半にかけて築造されたものとみられる。

5世紀につくられた仁徳天皇陵古墳(大阪府堺市堺区)は、

墳丘全長486メートル。仁徳天皇陵古墳は、中国の秦の始皇帝陵や、

エジプトのピラミッド中最大といわれるクフ王の墳墓と対比される

<スポンサーリンク>

巨大な前方後円墳である。紙面の都合上5つの謎をあげる。

古市古墳群

(1)堺県令(知事)の税所篤が官の権威を利用して、

計画的に盗掘したのではないか、といわれているが、ほんとうなのか。

(2)アメリカのボストン美術館に、仁徳天皇陵古墳出土とされるものが

存在しているが、それはほんとうに、仁徳天皇陵古墳から出土したものなのか。

(3)仁徳天皇が実在するとして、いつごろ活躍した人なのか。

(4)仁徳天皇陵古墳は、いつごろ築造されたものなのか。

(5)仁徳天皇陵古墳に、ほんとうに仁徳天皇がほうむられているのか。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る