また政党の分裂劇「負けた終わった」と政界引退を表明しながら?

<スポンサーリンク>

橋下徹大阪市長が、松井一郎大阪府知事とともに、11月22日(日曜日)

に実施される大阪府知事選挙と大阪市長選挙のダブル選挙をターゲットに

維新の党を離党して10月に新たな国政政党を設立するという。

こういうドタバタ分裂劇は言わずもがなという思いはほとんどの人が感じることであろう。


政党の分裂劇維新の党の片山虎之助参院議員会長は2日の記者会見で、

地域政党「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長が10月に

発足させる新党について、「橋下氏が壮大な実験をやりたいなら

<スポンサーリンク>

参加するつもりだ」と明言した。やっぱり片山氏は

「大変光栄なので前向きに考えさせていただく」と答えたという。

口の悪い人は「役員就任がエサだろう!」と、まったくひどい状態だ、

維新はわずか1年前に50人以上の国会議員で野党第2党になりながら、

これといった成果を出せず新党結成宣言とは、はなはだ身勝手と思うが、

この5月に大阪都構想住民投票で廃案になった時に橋下大阪市長は

「負けた、終わった」と政界引退を表明したんじゃないの。

また、大阪市長選挙に自民党は柳本顕氏の擁立を検討

「環境が整えば検討する」と真っ向勝負の煙が漂う大阪で再び渦巻きだした。

勝敗はいかに、政治家の言動に賛否を明確にするのかが国民の役割だと思う。


<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る