仙台市で約31万人に避難勧告(大雨特別警報)数十年に1度?

<スポンサーリンク>

吉田川氾濫


特別警報とは緊急事態を示す最大級の警報です。

数十年に1度しかないような、

いわば「緊急事態」であることを示しています。

宮城県では、激しい雨が断続的に降り続き、

各地で河川の氾濫など、多くの被害が出ていて、

大雨特別警報が出された。仙台市では、

およそ31万人に避難勧告が出されています。

気象庁は10日夕、関東と東北では11日にかけて

土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水に厳重に

警戒する必要があると発表した。

ツイッターより

<スポンサーリンク>

仙台市内も冠水して車は動きません。吉田川氾濫してます。

みなさん逃げて下さい。七北田川、名取川、も

危険水域を越えていますので、直ちに早く避難して下さい。

2015年9月11日 04:11

両陛下、河川の氾濫を心配,

天皇、皇后両陛下は10日、来日したウガンダの

ムセベニ大統領夫妻と皇居・宮殿で会見し、

昼食を共にされた。

昼食会には皇太子さまと秋篠宮ご夫妻も同席した。

宮内庁によると、会見は約15分間。

大統領がウガンダ訪問を招請したのに対し、

天皇陛下は「お気持ちに感謝します」と述べた。

帰り際には日本の天候が話題になり、

陛下は「河川がだいぶ増水し氾濫している

ところもあるので心配しています」

と話していたという。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る