金剛山と生駒山との間、二上山で弟思いのロマンを楽しむ

<スポンサーリンク>

生駒山

大阪市を望む(西方向)

奈良県の西側の金剛山と生駒山との間に二上山が行かれた方も

多かろうと思う。この二上山はその山容も独特で雄岳と雌岳の

二つの山が連なってラクダのこぶのような形をしており。

標高は雄岳が517m、雌岳が474mの低山という登るにも

そんなに高くはないので暇なときには行ってみたくなる。

この二上山は大きく二つの時代の歴史に関係しています。

ひとつはサヌカイトという石器に使われる石がこの付近一帯から採られており。

サヌカイトが採取できるところは讃岐地方などに限られていましたので、

ここは石器を使った時代には大変重要な場所であったと思われます。

<スポンサーリンク>

古墳時代よりさらに昔のことで、まだ青銅や鉄が使われる前の時代のことです。

二上山出典(葛城市相撲館/葛城市観光協会)

二つ目は飛鳥時代の悲劇の皇子である大津皇子の墓が雄岳の山頂にあり、

持統天皇の時代にその子の草壁皇子と皇位継承をめぐり謀反の罪をきせられて

処刑された大津皇子が二上山麓に葬られ。その時代の飛鳥の人々は

二上山の鞍部(こぶの間)に沈む夕日を拝んでそのむこうにある

浄土に思いをはせたと言う。大津皇子はそんなところに葬られた。

そしてその姉の大伯皇女(おおくのひめみこ)が

万葉集に歌を詠んで、「うつそみの 人なる我(あれ)や明日よりは

二上山を弟(いろせ)と我(あ)が見む」明日からは二上山を弟と思って

見ますという姉の悲しみを歌っています。

その舞台が二上山と聞くと、堺出身の与謝野晶子が戦時下の弟に短歌で

「君死にたまうことなかれ」と非常に有名な歌ですが、

何かしら姉の弟に対する思いがひしひしと伝わってきます。


<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る