安保法案、今夜にも審議打ち切り最大のヤマ場か?

<スポンサーリンク>

参議院の特別委員会

参議院の特別委員会は、審議を打ち切ることを委員会の権限で決めた。

参議院の特別委員会で与党側は、締めくくり総括質疑後、

民主党などの出方では16日夜にも

採決に踏み切る可能性がでてきた。

与野党の攻防はヤマ場を迎える。

15日の中央公聴会、16日は横浜市の地方公聴会で

安倍総理も出席して締めくくりの

総括質疑を行いたいと提案した。自民党の谷垣幹事長は15日、

「採決に向けた環境は整いつつある。

今週の採決、成立に向けて、政府・与党が結束して

緊張感を持って臨んでいきたい」と述べた、

よって安保法案を巡る与野党の攻防は、

最大のヤマ場を迎えることになった。

<スポンサーリンク>

一方、安倍総理大臣は公明党の山口代表党首らと会談を行い、

次世代の党の中山次期党首、日本を元気にする会の松田代表、

新党改革の荒井代表と党首会談を行い。会談では、

自衛隊を派遣する際に国会の関与を強めるため、

付帯決議と閣議決定を行うことで合意する運びとなり、

3党は法案の採決で賛成する方針に転換した。

民主党などはあらゆる手段で対抗する考えで、

今国会の最大の焦点となっている

安全保障関連法案を審議している参議院の特別委員会は、

今週中に法案の成立を図る方針を重ねて示したことにより、

参議院で安倍総理に対する問責決議案、

衆議院で安倍内閣に対する不信任決議案などを提出し、

あらゆる手段で対抗する考えで

法案を巡る与野党の攻防は近年最大の緊迫場面を迎える。


<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る