エディー日本、南アに逆転大金星!勇敢なラストプレーに世界が感動

<スポンサーリンク>

ラグビー921

【ブライトン(英南部)=内藤泰朗】「ジャーパン、ジャーパン…」。

約3万人の観客で埋め尽くされた

ブライトンの競技場は最後の15分、日本の応援一色となった。

日本は「ジャパン」の大合唱が響き

渡る中で逆転トライ。その瞬間、観客は総立ちとなり、

優勝候補の強豪、南アフリカに歴史的な勝利を

収めた「日本のミラクル(奇跡)」をたたえた。

試合開始前には、誰も参加20チーム中でランキング

13位の日本の勝利を予想していなかった。

だが、身長や体格で見た目では明らかに劣る

日本は前半、過去2回、世界王者に輝き、

経験豊富な有力選手を投入し万全の

布陣で臨んだランキング3位の南アフリカを相手に


ラグビー 抜きつ抜かれつの大接戦を展開。競技場の雰囲気は変わった。

後半も、日本は南アにトライを奪われリードされても

冷静さを失わず、何度も追いつき、

逆に南アの選手たちを精神的に圧迫。

<スポンサーリンク>

南アにミスやペナルティーが多発し、イエローカードで

南ア選手が一人減ったチャンスを見逃さなかった。

最後の15分は、「ジャパン」コールの嵐がやまず、競技場が共鳴。

まるで日本で試合をしているかの

ような雰囲気に包まれた。

劇的な逆転勝利の瞬間、競技場には、無数の「日の丸」が翻った。

日本人サポーターたちだけでなく、

地元の英国人や南アのシンボルカラー、

緑色のユニホームを着た南アサポーターたちも日本チームに

惜しみない拍手を送った。

無言で競技場を後にする南アサポーターの中で、

日本チームに拍手を送り続けていたジョージさんは

「こんな素晴らしい試合はみたことがない。

興奮した。日本の真剣さが伝わってきた。

こうなったら、日本には決勝リーグに進出してほしいよ」と語った。

達成感が表情にこもるリーチ主将は「(23日に)

次のスコットランド戦が控えている」。

最大のミッションであるB組2位を確保しての「ベスト8」を、

見据えた。スコットは強豪の中では弱い

これは事実だが、だからと言ってジャパンが確勝できる相手かというと全く別だ。

W杯で勝てば超特大金星、南アに勝った後だろうが日本はまだその立ち位置にある。

ラグビーにまぐれはなく、かなりの準備が必要。浮かれたら負けだ。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る