習近平「女性支援」にクリントン氏噛みつくが?人権状況に懸念

<スポンサーリンク>


アメリカを訪問中の中国・習近平国家主席が、国連で

「中国の全ての女性には夢をかなえるチャンスがある。

中国は女性に平等な社会を作る国策を積極的に推進する」

習近平

“女性の活躍や差別撤廃をテーマ”にした会合、

70余りの国の首脳らが参加した。この席で、

習主席は中国が女性支援のために国連に1000万ドル、

(約12億円)を寄付すると発表し、拍手を浴びた。

「習近平氏が国連で、女性の権利のための会議で司会するですって?

女性を迫害しているのに?厚かましい」(ヒラリー・クリントン氏のツイッター)

かねてから中国の人権問題に懸念を示してきたヒラリー・クリントン氏が、

今も女性活動家らが拘束されているとして批判した。これに対し、中国政府は、

「女性たちは権利を訴えたからでなく、中国の法律に違反したから

<スポンサーリンク>

拘束されているのだ」と反論している。

菅官房長官も、中国での女性の人権状況に懸念表明した。

中国の習近平国家主席が、国連で女性の権利向上に関する会議を

開催したことについては、アメリカのヒラリー・クリントン前国務長官が、

「フェミニストを迫害しながら、恥知らずだ」とツイッターで批判した。


ヒラリー

これに関し、菅官房長官は28日、「自由、基本的人権の尊重、

法の支配という国際社会の普遍的価値は、弁護士や人権活動家を含めて、

中国の人たちにも保障されるべきだ」と指摘した。

そのうえで、「中国側の対応を注視していく」と述べた。

それでも中国の習近平国家主席にアメリカは好意的なのは、

旅客機300機4.5兆円という「爆買い」という背景もあるのか?

むしろ、ネットでは「ヒラリー・クリントンは偽善者だ。

大きなことを言うがほとんど何も成し遂げない」などのネットヤジもある。




<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る