中国南西部13か所で連続爆発6人死亡、各マスコミ一斉報道

<スポンサーリンク>


中国

宅配小包が爆発、3人死亡、13人負傷 刑務所や病院、

政府施設など13カ所で同時に爆発したようである。

中国国営新華社通信などによると、

中国南西部の広西チワン族自治区柳州市柳城県で30日、

宅配便の小包が計13カ所で同時多発的に爆発し、

少なくとも3人が死亡、13人が負傷した。30人以上が負傷したとの

情報もある。小包の爆発は同日午後4時(日本時間同5時)ごろから

ショッピングモールやスーパーマーケット、駐車場、計10カ所以上で

断続的に起きた。インターネット上には、

5階建てのビルが半壊する様子などが投稿された。

同市公安局の周長青局長は中国メディアに、

宅配便の荷物に仕込まれた爆発装置が爆発を

引き起こしたとの見方を示し、刑事事件として捜査を

始めたことを明らかにした。同市の安全管理当局は、

地域住民に最近届いた荷物を開封しないよう通達。

デマを信用しないよう求めるなど混乱の拡大に神経を

<スポンサーリンク>

とがらせている。中国では近年、ネット通販の利用者が拡大。

中国国家郵政局が今年1月に公表した2014年の宅配便業務状況によると、

昨年の宅配便の業務件数は14億件に上り、前年同期比で52%増加するなど、

世界最大規模に成長している。駅や市場などで爆発、

中国南西部13か所

6人死亡 広西チワン族自治区などで不特定多数が利用する

施設を狙った連続爆破テロとみられる。警察は、

爆発物が仕掛けられた小包が届けられた疑いがあることから、

最近届いた小包を開封しないよう住民に呼びかけている。

中国版ミニブログ「微博」では爆発で半壊したとみられる

ビルや血を流す負傷者の画像が流れている

中国ではこれまで多数の死傷者が出る爆発事件がたびたび起きており、

去年9月には、中国西部の新疆ウイグル自治区の商店などで複数の爆発が起き、

自治区の政府系ニュースサイトは、市民や警察官など合わせて10人が死亡したとして、

交番や市場などを狙った組織的で悪質な爆弾テロ事件だと伝えている。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る