慰安婦問題でケント・ギルバート氏『歴史戦』に「すぐに訴訟を」!

<スポンサーリンク>


ケント・ギルバート

歴史的な憲政記念館で、今後『歴史戦』をいかに戦うべきか」を

テーマに弁護士・評論家のケント・ギルバート氏が1日午後、

講演会が開かれた。慰安婦問題に詳しい弁護士でタレントの

ケント・ギルバート氏が「日本は世界に向けてもっと積極的に、

英語で(真実を)発信しないといけない」と訴えた。

米カリフォルニア州サンフランシスコ市議会が先月、

慰安婦の碑または像の設置を支持する決議案を可決したことに言及した。

ギルバート氏は、「カリフォルニアは中国に汚染されている」とし、

「すぐにでも訴訟を起こしたほうがいい。慰安婦の碑が建ってしまうと

(撤去を求める)裁判に勝つのは難しい」と警告した。

産経新聞の阿比留瑠比論説委員兼政治部編集委員も講演し、

<スポンサーリンク>

慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野洋平元官房長官談話に

ついて、強制連行を示す証拠が存在しないことを説明。

「この談話はいまだに撤回できずにいるが、国内では無効化したに等しい。

今後の課題はそれをいかに米国や世界に広げていくか。

自民党が責任を持って河野氏を国会に呼び、根拠を問うべきだ」と述べた。

この問題は相当根深く、今回の講演会は、米カリフォルニア州グレンデール市

に設置された慰安婦像の撤去活動を展開するNPO法人

「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」が主催した。

また、反日が沸騰している韓国から、興味深いニュースとして、

朝鮮戦争の休戦後、在韓米軍基地近くで売春をしていた韓国人女性ら

122人が、韓国政府に米軍慰安婦として管理され人権を侵害された

などとして、国家賠償を求める訴訟を起こしているというのだ。

韓国政府が自国の歴史を直視せず、偽善的に

日本に償いを求めているという滑稽さに啞然とさせられる。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る