第15代応神天皇の古墳時代中期とは、実在が確かめられた最初の天皇

<スポンサーリンク>


応神天皇4

井上光貞氏は、確実に実在が確かめられる最初の天皇としている

仁徳天皇の条と記載の重複・混乱が見られる。

河内王朝の始祖と見なす説、河内王朝(かわちおうちょう)は、

大阪府の上町台地に本拠地を置いた倭国の王朝。

またその王朝に対する呼称のひとつ。

日本国外の史料との相対比較から、

『宋書』や『梁書』に見える倭の五王の

讃に比定する説(ほかに仁徳天皇や履中天皇を

比定する説もある)がある。

万世一系の皇統が神武天皇による建国以来、

連綿と続いてきたとする


『日本書紀』の記述に対し、倭国時代に複数の王朝が興亡したとするのは、

歴史学上のひとつの立場表明である(王朝交替説)。

難波宮に拠点をおいた大王たちをひとつの王朝と見なす主張の中にも、

始祖をだれとみなすか、王朝の名称をなんと称するかなどの点で、

<スポンサーリンク>

さまざまな諸説がある。

この王朝の名称を’河内王朝と称する研究者としては、

東洋史学者の岡田英弘、

日本史学者の塚口義信などがいる。 難波王朝と称する研究者には

考古学者の山根徳太郎がいる。

応神天皇の崩御の後、最も有力と目されていた皇位継承者の菟道稚郎子

(うじのわきいらつこ)皇子と互いに皇位を譲り合ったが、

皇子の薨去(『日本書紀』は仁徳天皇に皇位を譲るために自殺したと伝える)

により即位したという。この間の3年は空位である。

当時の状況からは日本書紀や古事記などからと時代背景などから判断

するのも大変にご苦労されたことと推察される。

また古墳時代中期(5世紀)には、飛躍的に墳丘が大型化した時代で、

巨大な前方後円墳が数多く造られるようになり。

第15代応神陵古墳のように400mを超える極めて大きな古墳も築造され。

これら大きな古墳の周りには、

陪塚と呼ばれる小型の古墳が造られるようになります。

また古墳に納められる棺(ひつぎ)も木製から石製のものに変わり、

副葬品も呪術的(じゅじゅつてき)なものから

甲冑(かっちゅう)や馬具(ばぐ)といった軍事的なものに変化していきました。




<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る