いまさら聞けない、ガジェット(仕掛)次第でビジネスが決まるとは?

<スポンサーリンク>

いまさら聞けない、ガジェット次第でビジネスが決まるとは?

ガジエット1

最近、IT産業でガジェットという言葉をよく聞くようになりました。

ガジェットとは、日本語に訳すと仕掛けや道具という訳になります。

つまり、目新しい道具、面白い小物、携帯用の電子機器といった意味の

英単語。IT分野では、厳密な定義は無いが、

デジタルカメラや携帯オーディオプレーヤー、ICレコーダー、

PDA(携帯情報端末)、多機能の携帯電話、携帯ゲーム機などのことを指す。

実に種類が多く、人目を引く気の利いた、ユニークな機能の、

といったニュアンスを込めて使われる例も多い。

単体で動作する機器のことを指すことが多く、デジタルな小物でも

パソコンの周辺機器などは含めないことが多いが、USBメモリ

やWebカメラなどはガジェットの一種として紹介されるのをよく見かける。


ガジエット2
IT分野では仕掛けという意味では多くのものが存在しています。

<スポンサーリンク>

例えば、携帯やスマホのアプリはそのものですよね。

本来で言うと電話を掛けるのが目的とする機械が、ゲームやメール、カメラ、動画、

スケジュール管理等、色々なことが出来ます。

これも一種の仕掛けであり、この仕掛け具合で顧客をどれだけ

呼び込むかを競っています。他には、ガスもそうですよね。

今までは天然ガスを使用していたところを、ITでガスを制御するようになり、

しまいには電気で制御するまでとなりました。

ガス代を抑えることが出来るという仕掛けを世の中に発表したことがきっかけで、

大きな話題となっています。それと、自動車においても自動運転装置という

画期的な車が世の中に出始めました。ハンドルを握ることなく、

ブレーキを踏むことなく自動で運転してくれるという画期的な仕掛けです。

このように、IT業界は少しひねったガジェットで大きなインパクトを

与えることが出来ますし、大きなビジネスになることもあります。

このガジェットは、アナログという世界を抜くことが出来るのか

否かが最大のポイントと言えそうですね。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る