多くの野球ファンが驚いた巨人原監督の退任について!

<スポンサーリンク>


多くの野球ファンが驚いたのが巨人原監督の退任のニュースでしょう。

監督が辞めるというのは野球に限らず、

どのスポーツでもチームの成績が悪くてやめるというパターンが多いので、

なおさら今シーズンもペナントレースでセリーグ2位の実績を残した原監督が

辞めるというニュースは衝撃的であったわけです。

原監督は2002年から巨人の監督の就任し、

途中2004年と2005年は堀内監督にその座を譲ったものの、

2006年から2015年までの長期間指揮をとった名監督なのです。

巨人の野球は何が何でも勝つという姿勢に満ち溢れています。

賛否のほどはあるにしても欲しい選手がいれば金額が堅くても外国人をつれてきますし、

補強の必要性を感じればたとえ優勝したシーズンのオフですら

<スポンサーリンク>

FAやトレードを積極的に行います。また、一度決めたことでも勝ち星が

計算できないと思ったことはすぐに方針を変更するという

臨機応変さも兼ね備えていました。

2015年でもファーストで起用する方針だった

阿部選手を開幕7試合で捕手に戻したこともそのあらわれです。

巨人軍の伝統を受け継ぎ、何が何でも勝つことを目指すという

姿勢をチームに植え付けた原監督の退任は非常に残念です。

原監督「円満ムード退任会見」のウラ・・・交代の兆候は5月に(東スポ)

原


<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る