日本が誇るカルチャーとエンタメと言えば日本語の漫画!

<スポンサーリンク>

日本が誇るカルチャーとエンタメと言えば


まんが1

今や海外でコミックのことを、日本語の漫画と言っても通じるくらい、

日本の漫画文化はもはや国際レベルで楽しまれるものになっていると言えます。

漫画で日本語を勉強するという外国人も多くいますが、

これなどは確かによい方法です。

漫画のセリフは会話がほとんどですから、

日本に来て日本人と話す時に理解してもらいやすいでしょう。

中には難解な謎解きものもありますから、

<スポンサーリンク>

できるだけ軽く読めるようなもので日本語を勉強してもらえるといいと思います。


まんが2
そうなると、漫画は日本語や日本文化というカルチャーを知る上での

教科書ということになりますが、そこには勉強していても

絶対に退屈することのないエンタメ性がふんだんに盛り込まれています。

日本人だって、楽しいからという理由で漫画を読む人が

圧倒的に多いのですから、外国人にも楽しめるに違いありません。

教科書として読むのはもちろん、単純に物語を楽しむなら

自国語に翻訳された物を読むのもいいでしょう。

両方を読み比べたら、日本語をはじめとするカルチャーが

学べるエンターテインメントになるのは間違いありません。

そんなエンタメ要素を盛り込める技術が、

日本の優れた漫画にあることは間違いないと言えます。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る