ジューシーで柔らかい肉料理に仕上げるコツ(蜂蜜)!

<スポンサーリンク>

ジューシーで柔らかい肉料理に仕上げるコツ・

ハチミツ

唐揚げやトンテキなど、お肉料理は美味しいものの、

どうしても加熱すると肉が固くなってしまうと悩んでいる

主婦も多いのではないでしょうか。

そこで今日は、お肉を柔らかくする方法について紹介したいと思います。

肉汁がジュワッと溢れるジューシーなお肉に仕上げる方法は、

実はいろいろとあるのです。まず鶏肉でも豚肉でも、

お肉を下処理する際にちょっとしたコツがあります。

お肉を柔らかくするために下味に使いたいものは、

まずひとつめが蜂蜜です。意外に思うかもしれませんが、

蜂蜜はお肉を柔らかくする作用があります。

肉に蜂蜜を揉み込んで、30分ほど置くと良いでしょう。

その次に、お酒です。お酒は肉の臭みも取ってくれますが、

<スポンサーリンク>

肉のぱさつきを抑えてしっとり仕上げてくれる効果もあるのです。

そしてもうひとつ、卵と小麦粉と牛乳を混ぜたものです。

これはチキンピカタを作る際などに使う方もいるかもしれませんね。

これらと肉をビニル袋に入れて、袋の中で練り合わせておくと、

お肉が柔らかくなります。

長く漬けておくと、よりふんわりと仕上がりますよ。

次に、調理中のポイントを紹介します。

例えば唐揚げのように油で揚げる場合には、

肉を油の中にずっと付けているのではなく、

箸でつまんで油から数秒上げて、

また油に付けることを繰り返してみましょう。

この揚げ方をすれば、お肉がぱさつきません。

このように、ちょっとしたコツで、肉汁いっぱいの柔らかい

肉料理が出来上がります。家族みんなが笑顔になれる、

ワンランク上の調理方法を抑えておきましょう。

お肉を調理する前に、ハチミツにつけて少し置いておきます。

すると、ハチミツの果糖とブドウ糖が、お肉のたんぱく質や

筋肉の間に入り込み、お肉の凝固を防ぐことになります。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る