赤ちゃんの性別は運に任せよう、赤ちゃんは親や環境を選べない!

<スポンサーリンク>

・・・

赤ちゃんの性別は運に任せよう

あなたは子供を持つとしたら、男の子か女の子、希望がありますか。

現代では、特にこだわりがなければ、生まれてくる

性別を気にする必要はなくなりました。

それでもやはり、周囲の目や、一姫二太郎という

男女両方育てられるのが理想な考えが定着しています。

その悩みを叶えるためか、医療もだいぶ進歩し、

男女産み分けが可能な世の中になりました。

赤ちゃん

家庭の経済状況から、「男の子は大学へ行かせないといけない

<スポンサーリンク>

だろうから」と女の子を望んだりと、考えは色々あってよいでしょう。

しかし、生まれてくる赤ちゃんの性別を一方的に決めたり、

思い通りの性別ではなかったことで赤ちゃんに対してガッカリするのは、

なんだか寂しい気がしませんか。もしせっかく会えた親から

「がっかりだった」と言われたら、赤ちゃんも、悲しくなることでしょう。

世の中には、ざまざまな理由で子供に恵まれない家庭も少なくありません。

代理出産や不妊治療、養子縁組など様々な方法で親になるために

努力をしますが、予想以上に体力やお金を使います。

赤ちゃんは、親や環境、名前などを選ぶことが出来ない分、


性別の決定権があってもいいと考えるのはいかがでしょうか。

大切なのは、わが子とお互いの幸せのために暮らしていくことなのです。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る