道の駅に出かけよう!道の駅の魅力に迫るお出かけスポットへ!

<スポンサーリンク>

・・・

【道の駅って、どんなところ?】

道の駅をご存知でしょうか?車に乗る方は利用したことがあるかもしれませんね。


道の駅とは、高速道路のサービスエリアと似ていますが、一般道の沿線に作られている施設。休憩所としての役割以外にも、観光情報を調べることが出来たり地域振興のための機能を備えた施設であるということが特徴です。

1993年4月に正式に「道の駅」が登録されてから現在まで、全国に1,000を超える道の駅が作られました。北海道から沖縄まで47都道府県すべてにあるんですよ。

まだ道の駅に行ったことがない、という方のために道の駅の魅力をたっぷりご紹介します。

<道の駅では地域の特産物が安く手に入る!>

道の駅の最大の楽しみは、その地域の特産物が格安で手に入る!ということです。地元農家が作った新鮮な野菜はもちろんのこと、海の近くなら新鮮な魚も手に入るでしょう。

それだけではありません。お米やうどん、そば、お酒、地域限定のスイーツなど、そこにいかなければ手に入らない品物がたくさん!作り手の名前や顔写真も表示されているので、消費者としては安心ですよね。

【道の駅には温泉や宿泊施設まである!】

今や道の駅は単なる休憩所ではありません。道の駅に出かける、という旅の目的地としてもすっかり定着しましたね。というのも、足湯や日帰り温泉、場所によっては宿泊施設まであるのです!

<富士山に一番近い道の駅・すばしり>

静岡でお米、というイメージはあまりないかもしれませんが、「ごてんばこしひかり」という特産品があり、そのお米を使ったお菓子やうどんが楽しめます。

そして疲れた足を癒す足湯!間近で富士山を見ながらくつろぐなんて贅沢ですよね。

<農作物加工体験もできる美瑛・丘のくら>

美瑛といえば富良野と並ぶ北海道の観光地ですよね。北海道ならではのメニュー、いも餅やアイスなどを自分で作る体験が出来る施設が隣接していて、その2階には宿泊施設もあります。



【週末は道の駅のイベントも】

”観光地”として人気もある道の駅では、それぞれその土地の特色を生かしたイベントが開催されることもあります。

<スポンサーリンク>


地元の食材をPRするためのお祭りやハイキングなど参加型のイベント、変わったところではカラオケ大会なんていうものありますね。

特に祝日や連休にかかるところではイベントが開催されることが多いので、近くの道の駅をインターネットなどで検索してみて下さい!

【美味しいものいっぱい!道の駅のレストラン】

特産物をお土産に買っていくのもいいですが、せっかくだからそこでしか食べられない美味しいものを存分に楽しみましょう!

<新鮮な牡蠣を堪能できる厚岸グルメパーク>

魚介市場やレストランで厚岸名産の牡蠣を思う存分味わえます。魚介市場で買った新鮮な魚や牡蠣を炭火で自分で焼いて食べることも出来るんですよ。





<マンゴーといえば宮崎・道の駅なんごう>

ここはマンゴーパフェを目当てに訪れる方もいるのだとか。地元で水揚げされた鰹やマグロを味わうことも出来ますよ。

【こんな珍しい道の駅も!】

施設の建物に凝っていたり、珍しいサービスがある道の駅もあるんです。

<相生市・あいおい白龍城(ペーロンジョウ)>

建物が竜宮城をイメージした作りになっていて、まるで中国の宮殿のようです。毎年5月に行われるペーロン祭りに由来しているそうですが、日帰り温泉施設などもあり、疲れを癒せるとドライバーにはとても人気がある道の駅です。


道の駅海の駅あいおい白龍城

その他にも

  • 玉露のお手前体験が出来る「玉露の里」(静岡県藤枝市)

  • ニュートリノ観測施設が見学できる「宙(すかい)ドーム・神岡」(岐阜県飛騨市)

  • プールやトレーニング施設もあるよ!「いかりがせき」(青森県平川市)

  • まるでUFO?ゆうステーションは町の情報発信基地「小国」(熊本県阿蘇郡小国町)

  • エビとか二の水族館がある「すさみ」(和歌山県西牟婁郡すさみ町)

探せば探すほど、楽しそうな道の駅が見つかります。あなたがお住まいの地域の道の駅、ぜひ探してみて下さい。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る