話題になったSTAP細胞と再生医療のIPS細胞とは?本物とニセモノ

<スポンサーリンク>


話題になり過ぎた「STAP細胞」とは?

小保方1

京大の山中教授が発見したiPS細胞は世界中から驚きと称賛を持って

受け止められましたが、その後、女性研究者が新たな細胞を

発見したということで色めきたったことがありました。

それがSTAP細胞です。

iPS細胞をはるかに上回る可能性があることや、

発見したのが女性研究者であったことから世間はもちろん、

マスコミの取りあげ方がすごかったので印象に残っている人も多いでしょう。

けれども、残念ながらこのSTAP細胞は実際に作り出すことができず、

<スポンサーリンク>

論文にも偽りが見つかるなど、残念な結果に終わってしまいました。

サイエンスの世界においては、誰がやっても定められたマニュアルに

従って行えば確実に細胞を作り出すことができるというのが絶対条件です。

小保方2

山中教授のiPS細胞はその絶対条件を完全にクリアしています。

それに対してSTAP細胞は、女性研究者は何度も作り出すことに

成功したと言ってはいるものの、実際にやってみるとひとつも

作れなかったことから、科学的に認められないとする結果に至ったわけです。

サイエンスの世界においては、結果がすべてです。

誰もが役に立つように使えてこそ意義があるという思いが、

そこには込められているのだと思います。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る