世界中が注目する金融政策を青山繁晴氏語る

<スポンサーリンク>


今、国際的に注目されているニュースと言えばアメリカの

中央銀行である連邦準備制度の中枢機関の動きではないでしょうか。

世界各国の株式市場や為替市場に大きな影響を与えるFRBの決定は、

見過ごすことができないからです。しかも今の注目は率先して

ゼロ金利政策をしてきたFRBが、いつ利上げに踏み切るのかということです。

10月30日【青山繁晴】アメリカFRB利上げ見送り・世界経済の影響は

ゼロ金利にする事で市場に多くのお金を供給することができたわけですが、

それをやめて利上げをするということは、同じようにゼロ金利政策をとってきた

日本と為替のレートに差が生じるということになります。

<スポンサーリンク>

その結果が株式市場や為替市場にどんな影響を与えるのか、

みんなそれを興味津々で見守っているというところです。

実際、FRBが利上げを行えば、アメリカの株式市場は下落

すると考えられています。

また、アメリカと連動して動きがちな日本市場も

少なからぬ影響を受けるでしょう。それは中国や新興国も避けられないし、

ヨーロッパ市場もそうだと思います。

それだけ多くの影響を与えるかと思うと、

世界中がFRBの動きに注目してくるのも無理はありません。

株価上昇は明るいニュースになりますから、

できることなら世界中によい結果になるような判断をしてほしいです。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る