世界が共通して模索していること(TPP)

<スポンサーリンク>

世界が共通して模索していること

近頃世界が共通して妥協点を模索していると言えば、

TPPと呼ばれる環太平洋連携協定が思い浮かびます。

詳しいことはよくわからないけれど、関税に関係する話だということくらいは

何となく知っている人が多いのではないでしょうか。

簡単に概要を言うと、関税の撤廃とそれぞれの国で独自に定められている

検査の基準を一元化しようとする案です。

今は国によって関税の金額が違うことから、

輸出入にあたってこの国は安い、

この国は高いという不公平感が生まれています。

検査についても、厳格に行うところもあればわりと緩いところもあって、

<スポンサーリンク>

その差が輸出入をさらに複雑にしています。


これがもし一元化できたらどこの国とも同じ関税で輸出入ができますし、

検査の基準も同じなので、輸入された作物も世界共通の検査を

パスしてきたという安心感を持てます。

なんだか良いことばかりのように思えますが、実際には高度な医療技術や

食品の安全性が引き下げられる可能性もあるらしく、

そうした国では逆に安全面に不安が生まれる結果になります。

逆にハードルが上がって困る国も出てくると思われますから、

全ての国が納得して賛成というのは難しく、それがTPP交渉が難航している大きな理由です。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る