大人気年賀状今年の傾向は? デザインコンテスト

<スポンサーリンク>


大人気年賀状今年の傾向は? デザインコンテスト

年賀状を書くときによく使われる新年を祝う言葉のことですが、

通常はあまり意識はしませんが、

やっぱり節目の時が圧倒的に多いと思われます。

今の時期はなんと言っても年賀の季節には違いありません。

毎年、年賀状デザインコンテストが行われているのをご存知でしょうか。

ネットで検索すると相当数閲覧出来ます。



年賀1

早くは早い時期から募集され、締め切りも早いので年が明けたら

翌年のコンテスト情報をまめにチェックした方が宜しいです。

何れのコンテストも人気があり、応募者数はかなりの数に上り賞を狙うなら難関かもしれません。

しかし選考基準の多くはアイデアなので、特別な技術は必要ないと思って良いでしょう。


年賀2

但しデザイン業経験者や美術系の学生さんなどを対象とされた

コンテストもあるので、募集要項をチェックしておきましょう。

応募を決めたら、独自のセンスで作成するのが理想ですが、

過去の受賞作を拝見しておくと参考になるかもしれません。

年賀状のニーズというものもありますから、

どのようなものが求められ好まれるのか傾向を掴んでおくと

選考の際目を留めてもらえるようなものを作成出来るかもしれません。

めでたく賞を頂いたら、専属デザイナーとして迎えて貰える所が

あったり様々な場面で受賞歴をアピール出来るなどのメリットがあります。

多くの中から選ばれるような作品を作れるのですから、

<スポンサーリンク>

その後も積極的な応募をされて更なる賞の獲得を

目指されることをおすすめします。

年賀状を書くときに使われる【賀詞】とは?「恭賀新年」

「謹賀新春」や「迎春」など、本来は、年賀状だけでなく

結婚式などのお祝いの場でも使われている言葉で、

これらの言葉を【賀詞(がし)】と呼ばれています。

賀詞の文字数が大きな意味を持っていますが、1文字、2文字、4文字と

大きく分けて3種類あるのですが、1文字、2文字の賀詞は4文字の賀詞を略したものです。

取引先の方や会社の先輩・上司の方に年賀状を送る際に、

1文字、2文字の賀詞で年賀状を送ることは失礼に当たりますので、

細心の注意を払って失礼のないようにしましょう。

考え方としては、1文字は後輩・目下の人。2文字は同僚。

4文字は取引先・上司・先輩と考えておくと間違いないかと思います。

代表的なものを調べてみましたので、ご参考までにご覧いただければと思います。

1文字の賀詞  寿、賀、春、福、禧

2文字の賀詞  賀正、賀春、頌春(しょうしゅん)、迎春、慶春、寿春、初春、新春

4文字の賀詞

恭賀新歳、恭賀新春、恭賀新正、恭賀新年、恭頌新禧

謹賀新春、謹賀新年、慶雲昌光、慶賀光春、慶祥麗春

慶禧萬福、敬寿歳旦、敬寿瑞春、敬頌新禧、新春万福

新春来福、新春僥嬉、新春萬福

本当に種類が多く送る相手のことを考えると、中々切り分けが難しい、

毎年まとめて印刷してしまうには荒っぽくて、

いつも目上の人にひんしゅくを買っていたとは、全く恥ずかしい限りです。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る