皇居外苑や東京スカイツリーがパワースポットと呼ばれる理由

<スポンサーリンク>


皇居外苑や東京スカイツリーがパワースポットと呼ばれる理由

パワースポットと呼ばれる観光地には、神社や寺院などがあります。

神社や寺院を巡ると、その当時の歴史を感じることが出来、

さらに建造物の美しさを感じることが出来きるため人気があります。

大きな寺院や神社では見所が満載で、小一時間は楽しめるようになっています。

観光地へ来たからにはお土産を買いたいと思われる方が多いかと思います。

個人的には、過去の歴史を学び、文化的な建築物を鑑賞し

見識を高めるということが大事なことだと思う。

お守りを購入される方もいらっしゃいますが、

翌年には納札をして新しいものを買って身に付けるという仕組みが一般的ですが。

個人的にはそんなもののどこに有り難みがあるのか、さっぱり解らないので、

お守りを買ったり、ありがたい気持ちなどはわかない。

パワースポットで何を感じるかは人により様々だとする。

そこにある自然を通して癒しを求めるのも、やる気を得るのでも、

感じ方は人それぞれで、要は自分にとって感じる場所でありやる気が出てくる

か、要するに活力が出てくることを望んでいる、それが得られるなら良しとする。

それも主観的なものだと思いますが、あなたはいかがでしょうか。

主観ですが、以下のパワースポットを推薦します。


パワー1

「皇居外苑」江戸城であった皇居は、天海僧正が“東京を守る為

結界”を張ったと云われている場所です。鬼門には「上野寛永寺」と

<スポンサーリンク>

「浅草寺」があり現在の皇居を守っていて、北には日光東照宮があり、

星からのパワーを皇居に導いているといわれています。

富士山からはエネルギーの太いパイプである龍脈が走っていて、

皇居が龍のエネルギーが溜まる穴になっているとされています。

清々しいエネルギーが充満しいていて、午前中が一番エネルギーが

あるそうなので、早朝ジョギングや散歩も気軽にパワー補給できるかと思います。


パワー2

「東京スカイツリー」3つのコンセプトに基づき、デザインされている。

①時空を超えた都市景観の創造:日本の伝統美と近未来的デザインの融合

②まちの活性化への起爆剤:賑わいと親しみを感じる3つのゲートと2つの展望台

③都市防災「安全と安心」への貢献:日本古来の建築「五重塔」に通じる新たな構造システム

「二子山古墳」

二子山古墳(ふたごやまこふん)は、埼玉県行田市の埼玉古墳群内にある

前方後円墳である。埼玉県内で最大の前方後円墳で、

二つの山があるように見えることからこの名がついた。

もと東側裾に観音寺があったところから「観音山」とも呼ばれる。

内部埋葬施設は不明であるが、周濠からは1メートルを越える円筒埴輪が多数出土している。

古墳の造営年代は出土した埴輪や須恵器の特徴から、6世紀の前半と考えられ、

前後して日本最大の円墳である丸墓山古墳が造られたとみられ、

両者の関係は埼玉古墳群の大きな謎。いわゆるミステリー地帯になります、

これが過去の古代世紀を想像してみるのはいかがでしようか。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る