塗り絵がSNSに投稿でき楽しい世界で数億人が利用!人気急上昇!

<スポンサーリンク>

塗り絵がSNSに投稿でき楽しい世界で数億人が利用!人気急上昇! 

sns1

小学生のころ、友達やお母さんと一緒に塗り絵をしたことがあることでしょう。

あるいは、やってみたかったけど、女の子がする遊びだからと

出来ずに終わった男性もいるはずです。

今や、書店では「おとなの塗り絵」の本が流行となり、

柄も風景画や植物、動物など種類も増えつつあります。

子供のころにやったことある人もない人も、

子供がやるものだと引け目を感じている人も、

このブームに乗ってトライしてみてはいかがでしょうか。

sns2
学校時代、図工や美術で下書きした作品に色を塗る時、

きれいに塗れず、「才能がない」とあきらめた方もいるのではないでしょうか。

でも大人の塗り絵は、自分だけの世界なので、

恥ずかしい思いをしなくても大丈夫です。はみ出そうが、

ちょっとくらい塗れていないところがあろうが、

関係ありません。いっそ、「これが芸術だ」と開き直ってもいいですし、

白い部分が多少あることで作品が引き立って見えることもあるからです。

また、塗り絵をすることで得られるメリットは沢山あります。

好きな色を使う事で、その時の自分の気持ちが作品として現れたり、

童心に返った気持ちになることでリラックス効果を得られます。

色々な方の作品を通し、塗り方や色の使い方を学ぶこともでき、

視野が広がります。また、お子さんと一緒に塗り絵をすることで、

親子のコミュニケーションも育ちます。

ある人は右半身不随、失語症、失行になり、リハビリ病院を

退院して自宅介護になってから、家でずっとリハビリも続けてきましたが、

そんな父の楽しみが大人の塗り絵。今もずっと塗っています。

無料でダウンロードできる大人の塗り絵は本当に重宝させて頂いています。


sns5
うまくかけた作品をSNSに投稿し、色々な人と意見交換して

楽しむ方も増えています。その「Instagram」や「Picsart」の一部を紹介します。

「Instagram」とは、簡単に写真や動画に効果を加えアップロードしたり、

Facebookやtwitterでシェアしたりすることができるアプリケーションです。

<スポンサーリンク>

世界で4億人以上が利用するInstagramでは、国内でも有名人やモデルなど

数百万人のフォロワーがおり話題となっています。


sns4また他のSNS同様、ハッシュタグを用いることで情報を精査して発信・

首相官邸においてもFacebook、LINEなどのSNSを利用した

情報発信を行っています。受信することができたり、いいね!

で共感したりして楽しむことができます。

ダウンロード2億回達成の写真編集アプリPicsart、

次のターゲットはアジアのようですが、

写真編集モバイルアプリは数多くあり、

最近は多機能のものが増えてきている。


sns3

しかし、もしあなたがエフェクト追加や文字入れなどで

複数のアプリを使っていたり、または編集した写真を誰かと

簡単に共有したいと思っているなら、すべての作業が1カ所でできる

Picsart(iOS、Android、Windows)がうってつけと思える。

毎月6000万人が利用し急増中です。

Picsartはこのほどダウンロードが2億回に達し、

世界中にユーザーを抱える人気の写真編集+コミュニティアプリだ。

開発元によると、毎月6000万人の利用があるという。

そのPicsart、アルメニア発とあってまず東欧でユーザーを増やし、

現在は米国マーケットを開拓中。そしてこのほど調達した1000万ドル

もの資金をもとに、今後はアジア市場を狙うほどです。

テキスト入力やコラージュ作成も

Picsartの特徴の一つは、編集機能がかなり充実していること。

フィルターをかけたりフレーム処理したりするアプリはたくさんあるが、

Picsartではそれらに加え写真にテキストやステッカーも入れられ、

コラージュ作成もできる。文字入れの場合、ペンの種類や色、

フォントなども選べるようになっていて、

かなりオリジナルなものに仕上げられる。

Instagram的にも使える。

もう一つの特徴が、ソーシャルネットワークのようなコミュニティ機能を備えて

いることだ。会心の作を、Instagramのように投稿できるので、

表現の場として活用することができる。もちろん、

他のユーザーの作品も閲覧して純粋に楽しんだり、

インスピレーションを得たりという使い方もできそうです。

今後はビデオ対応も視野編集とソーシャルを兼ね備えた

このアプリ、無料で利用できるのも大きい。

そして今後については、ビデオ対応機能の追加もありそうです。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る