ヒップホップ番組を見て驚いた&リプトンが繰り広げるアートの世界

<スポンサーリンク>

ヒップホップ番組を見て驚いた&リプトンが繰り広げるアートの世界

ヒップホップ2

ヒップホップ (hip hop) は、1970年代のアメリカ合衆国ニューヨークの

ブロンクス区で、アフロ・アメリカンやカリビアン・アメリカン、

ヒスパニック系の住民のコミュニティで行われていたブロックパーティから

生まれた文化と言われているが、hipは尻、hopは(ぴょんと)

跳ぶ/跳躍するという意味で、ヒップホップの語源は尻を跳ねさせて

踊る様から来ている。 アフリカ・バンバータは、

音楽やダンスのみならず、ファッションやアートを

含めた黒人の創造性文化をヒップホップと呼称した。

これは1974年11月のことだったとされる。このことから、

11月を「Hip Hop History Month」として祝う習慣がある。

単に「ヒップホップ」と言った場合、文化から派生したサンプリングや

打ち込みを中心としたバックトラックに、MCによるラップを乗せた

音楽形態を特に指すことが一般化しているが、

これらは本来はヒップホップ・ミュージックあるいは

ラップ・ミュージックと呼ぶのが正しい。

久しぶりに夜遅くまで起きていたので、ふとテレビをつけてみました。

すると珍しいヒップホップ番組をやっていたのです。

ヒップホップと言えば2000年代初頭に

一時期ブームになっていましたね。

その頃は多少流行っていましたが、ここ数年はオリコンチャートで

ラップの曲をあまり見なくなりました。その深夜にやっていた

ヒップホップ番組はちょっと特殊で、素人のラッパーと

プロのラッパーが即興で戦う内容になっていました。

昔は多少興味があっていろんなアーティストの曲を聴いていましたが、

最近は全くわかりません。しばらく見ていると凄く面白いと感じました。

ビート(音楽)に合わせて交互に韻を踏みあって

相手を罵倒するラッパーが凄いのです。

その場で言葉を考えて韻を踏むので即興と言えます。

即興でラップをすることをフリースタイルと言うそうですが、

少し興味が出てきたので動画などを調べてみました。

動画を調べてみるとたくさんアップされていました。

凄くたくさんラッパーがいたことに驚き、その内容の凄さにも驚きました。

あんなに上手に即興でラップ出来るものでしょうか。

頭の回転や知識がないと絶対無理です。

<スポンサーリンク>

ヒップホップはカルチャーミュージックなのであまり飽和していませんが、

凄いエンターテイメントだと感じました。またいろいろ調べてみようと思っています。

リプトンが繰り広げるアートの世界

紅茶ブランド「リプトン」が、生誕125周年を記念して開催する街頭アート展

『125th Anniversary TEA WAY ART COLLECTION』が、14日(土)よりスタート。

いちょう並木が広がる神宮外苑に並ぶ“見方が変わる”アートの数々を、

無料でいただける紅茶と共に満喫して。

美大生&若手アーティストが

リプトンの想い“Tea Way” を表現したアートコレクション

明治神宮外苑の聖徳記念絵画館前で行われる今回のアート展。

リプトンが提案するブランドコンセプト「Tea Way」に込められた

もっと楽しさを。もっと、人と人がつながる世界を”という思いに共感した

若手アーティスト3人と、多摩美術大学、東京藝術大学、日本大学芸術学部、

武蔵野美術大学の学生32人が集結して実現させました。


ヒップホップ1

のんびりと紅茶を楽しむ時間を設けることで、心に余裕が持てたりクリエイティブ

なアイデアがひらめいたり、新たな気づきがあったり…。

紅茶がもたらすそんなひとときが人との繋がりを広げ、笑顔に溢れた毎日になる。

「Tea Way」というブランドコンセプトにはそんな想いが込められているんだそう。

紅茶が“人生を豊かにするエッセンス”になるならば、芸術作品もまた同じ。

アーティストたちはこのキーワードにインスピレーションを受け、

作品を制作しています。

展示されるのは20作品以上。「見方が変われば世界が変わる」という言葉通り、

見る角度や味方によって立体的に見えるアナモフィックアートや、

さまざまなアイデアから生まれた絵画やモニュメントなど、

アーティストたちのユーモアと個性を感じさせる作品揃いです!

アート作品に触れながら無料で紅茶が楽しめる!

 

11月1日が「紅茶の日」だということもありますが、

会場ではリプトンのおいしい紅茶を無料で楽しむことも。

日に日に寒くなるこれからの季節は、温かい紅茶でホッとリラックスするのに

ピッタリ。いちょう並木に囲まれながら紅茶とアートに触れる、

そんな優雅な時間が楽しめるアート展は、

22日(日)までの9日間にわたり開催されます。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る