ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが一段とレベルアップしている!

<スポンサーリンク>

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが一段とレベルアップしている!

ユニバーサル2


ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、ゲストの期待と想像を遥かに

上回る興奮と感動のライドやショーのアトラクションによって、

「ジョーズ」「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」などハリウッ

ド映画の世界を余すところなく体験できるパークとして

2001年3月31日にオープンしたが、昨今の娯楽施設は一段と

レベルアップしているのではないでしょうか。

スティーヴン・スピルバーグ監督がクリエイティブ総監督を務め、

2012年からはスピルバーグ監督が「世界最高をお届けしたい」と

日本語で語っているCMを放映している。

株式会社ユー・エス・ジェイにより運営されている。

株式会社ユー・エス・ジェイは設立当初、大阪市が出資していたが、

2005年にゴールドマン・サックス証券に対してリファイナンスを

実施したことにより、現在は民間の経営体制となっている。

ユニバーサル・スタジオ社が手がけたテーマパークとしては

「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」、「ユニバーサル・オーランド・リゾート」

に続いて3番目であり、米国外進出第一号である。なお、

世界テーマパーク入場者数ランキング(2014年)では、

<スポンサーリンク>

世界第5位である(世界中に存在するユニバーサル・スタジオの中で最も高い)。


ユニバーサル1
かつて娯楽施設は遊園地と呼ばれる所が盛んでしたが、

現在はその遊園地が格段にレベルアップしたような所が

続々と増えています。中でもユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、

乗り物ひとつにしても映像が取り込まれたり音や水しぶきなど

五感にうったえかけるものが多くそれまでにない楽しさがあります。

更には施設内やその付近にまでストーリー性のあるデザインが

盛り込まれるなど、お客さんがそのストーリーの主人公

になったような感覚を味わえるところも魅力です。

施設内の飲食も充実していて、ただ食べることを楽しむ

のみならずこちらもストーリー性やその中の一員を

思わせる仕掛けが満載です。お食事の盛り付けも工夫がなされるなど、

感動的な食の提供に熱が入っています。お土産売り場も充実していて、

これまでの娯楽施設の何倍もの規模の充実振りです。

見た目に賑やかさや華やかさが特徴的で、

創意工夫なされたものが続々と登場したりリニューアルされたりしています。

また、施設内でも使えるものも販売されていて、変身グッズなど人気です。

入場客はうなぎ上りで、そうした集客戦略についても注目が集まっています。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る