朝食の定番の納豆食とテレビドラマ「朝ドラ」との関連について!

<スポンサーリンク>


朝食の定番、和食の定番として挙げられる理由

定番はなんといっても納豆があります。

この納豆は日本の伝統食であり、古くより味を親しまれ健康効果も注目されて来ました。

商品としての歴史も目を見張るものがありました。

昔ながらの藁(わら)に包んだ納豆から一食分ずつ小分けにされたものや

味付けの変化など、どんどん納豆も時代と共に進化しています。

つまり朝食の定番は納豆であり、日本の朝は納豆から始まったといえる。


納豆1-crop大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた

という本が出版されたが、いずれも朝がテーマである。

日本の女性と家族、仕事と恋愛、幸せのかたちを描いてきた。

NHK「連続テレビ小説」、通称「朝ドラ」。誕生から51年。

続いてきたのには、理由がある。


納豆3
『おはなはん』『おしん』『はね駒』『ちゅらさん』『ちりとてちん』

『ゲゲゲの女房』『カーネーション』、『あさが来た』。

珍しいものでは飴があり、納豆を材料に作られている飴が販売されています。

お馴染みになりつつあるのはおせんべいやおかきで、

納豆をのせたり巻いたりして焼き上げたものが目立ちます。

他に粉末状になったものも販売されていて、

フリーズドライで製造されているなど長期保存に便利な納豆も販売されています。

一般的な納豆は賞味期限が短く、定番食でありながら

度々購入しなければならないのが難点ではないでしょうか。

そこで納豆粉を用いると便利です。

お味噌汁に入れたりご飯にふりかけるほか、

牛乳やヨーグルトなどに混ぜたりお菓子作りの材料にするなど用途は多彩です。

保存が利くので何度も購入する手間が省けるのは魅力でしょう。

また、納豆の健康効果として血栓を溶かす作用があると言われている。

<スポンサーリンク>

普段の食事でも外出先でも持ち歩いてまめに摂取するという利用もあります。

その効果は加熱には弱いという説がある為、

ふりかけるのみにするなど煮込んだり焼いたりしない食べ方が

効果を期待するならおすすめです。

ただ賞味期限を過ぎたり賞味期限内でも保存の状態が

良くないと食に適さない場合があるので、

その点を注意した方が宜しいでしょう。

因みに血液サラサラ効果以外の骨を強化するなどの納豆効果は、

過熱しても失われないとする説が今のところ有力ですのでその効果を

期待するなら色々なお料理に使ってみましょう。

納豆は保存食にあらずの理由?

「納豆は保存食と思っている人が多いのは無理もないのだが、

スーパーやコンビニで売られている。

納豆の賞味期限は1週間後ぐらいだったりする、意外と短い」なぜ保存食ではない、

正確には『携帯食』です。

昔は大豆を藁(わら)に入れ、

持っていったものから発展したと類推されるんですよ」。

これは、北国育ちの私にはよくわかります、子どもの頃、

朝方納豆売りが来るわけです、

1藁・2藁と豆腐と一緒に買いに行くわけです。

納豆の風味を生かして「保存食」にした製品もありますが、

一般の納豆はあくまで「携帯食」。

納豆菌より強い「麹菌」によって、納豆菌の進行を止めている。

のだという。つまり、「納豆菌」はそのままだとどんどん進行するという。


朝ドラ
納豆菌は進行が早く、自分たちが出したモノもエサにしてどんどん発酵

を進めてしまうのですが、そうした中にアンモニアも含まれているんです。

そのため、時間が経つと、どんどんツーンとしたニオイが強くなって、

鼻につくニオイになったり、納豆の良さがどんどん損なわれてしまう」

賞味期限が意外と短いのはそのためで、

期限だけでなく、「保存状態」も非常に重要です。




<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る