パリ同時多発テロ!仏全土に非常事態!テロリストに緊張の欧州!

<スポンサーリンク>

フランス1

パリで13日夜に発生した同時多発テロ


120人超が死亡 仏全土に非常事態宣言

パリの劇場などで銃撃や爆発があり、

当局によると120人以上が死亡した。

イスラム過激派とみられる容疑者が死亡。

まだ複数の容疑者が逃亡中の可能性。

オランド大統領は仏全土に非常事態を宣言。

フランス政府は市内に1500人の軍隊を展開

オランド大統領はテレビ演説を行い

「パリの中心部が狙われた。

我々はテロリストを捕捉するため全力を挙げる」と語った。

【パリ=本間圭一】パリで同時テロを受け、

トルコで開かれる主要20か国・地域(G20)

首脳会議への出席は取りやめ、対応に当たるためパリにとどまるという。


フランス3


オランド大統領は14日未明、臨時閣議を招集し、非常事態を宣言した。

劇場の閉鎖、学校の休校、主要な交通機関の停止などを決めた。

テロ警戒による措置としては、「これまでにない規模」(仏BFMテレビ)となった。

パリ市も同様の措置を決めた。犯人グループがまだ逃走している可能性もあるため、

仏政府は引き続き最大限の警戒態勢を敷き、テロ掃討に全力を挙げる構えだ。

仏大統領、「イスラム国」の犯行との見方示す

読売新聞 11月14日(土)19時36分配信

「イスラム国」、国際テロに軸足か=シリア、イラク劣勢で―パリ同時テロ

時事通信 11月14日(土)15時36分配信

【カイロ時事】13日にパリで起きた同時テロは、

欧州では最大規模であることから、犯行声明を出した過激派組織

「イスラム国」が周到な準備を行ってきたことがうかがえる。

シリアやイラクで劣勢に立たされる中、過激派は2001年の米同時テロに

代表される国際テロに軸足を置く動きを強めている。

14年に急速に勢力を拡大した同組織はこれまで、その名が示すように、

国家権力が弱体化したシリアやイラクの権力空白地帯での「建国」を重視してきた。

しかし、シリアでは米軍主導の有志連合に加え、

9月末にはロシアもイスラム過激派を標的とする空爆作戦を開始。

イラクでも有志連合の支援を受けたクルド人部隊などが攻勢を強め、

同組織は支配地域を縮小させた。

「イスラム国」を支えてきたのは、世界中から集結した数万人規模のイスラム過激派だ。

しかし、シリアの同組織支配地域に隣接するトルコが国境警備を強化したことで、

越境は困難になった。

「イスラム国」指導者のバグダディ容疑者は今年5月、音声メッセージを通じ、

世界各地のイスラム教徒に「イスラム国」への移住を求める一方、

移住できない人々には「どこであろうと、武器を手に取れ」と訴えた。

移住が困難になった過激派が域外での国際テロに転換するのは、

指導者の意向に沿う形でもある。

同組織は最近、10月31日にエジプト東部シナイ半島で起きた

ロシア旅客機墜落(乗客乗員224人死亡)で犯行声明を出した。

墜落は爆破テロであった可能性が濃厚との見方が強く、

事実ならこれも国際テロ傾斜を強めている兆候と言える。

【パリ=本間圭一】劇場やサッカーの試合が行われているスタジアムなどで、

一般市民が標的となった13日夜(日本時間14日未明)のパリ同時テロ。

フランスとの時差は8時間、日本が8時間進んでます。

一報を聞いたのは14日(土)の早朝

現地では8時間前の出来事になります。14日早朝から、

劇場に響く銃声。多数の観衆で埋まったサッカースタジアムが突然の爆発音に凍り付く。

フランス・パリで起きた同時テロ。13日の金曜日の夜、秋の週末を楽しむ市民らは一転、恐怖に包まれた。

犯人がコンサートに乱入して銃を乱射し立てこもった劇場は、

1月にテロが起きた風刺週刊紙シャルリエブド本社に近い。

<スポンサーリンク>

国内で相次ぐテロに、テレビのコメンテーターは「私たちは戦争状態にある」と繰り返した。

「テロに直面し、われわれは団結しなければならない」。

テレビ演説したオランド大統領はかすかに震えていた。

地元メディアなどによると、パリ中心部や郊外の計7カ所で

同時テロが起きたのは午後10時ごろ(日本時間14日午前6時ごろ)。

最初のテロは多くの市民が街に出てサッカー観戦やコンサートを楽しんでいた。

目撃者によると、劇場を襲った犯人らは「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と

叫びながら銃を乱射したという。難民の中にもスンニ派イスラーム教原理主義組織がいそう、

次はドイツをはじめ欧州全体にイスラム過激派によるテロの危機に緊張に包まれる雰囲気になりそうな、

国境の封鎖や道路の検問やあらゆる公共機関の警備など、

テロは一見して一般市民と見分けがつかない、

例えば難民の中に紛れ込んで来る可能性があり、いつ、どこで、

どんなテロが起こるか予測が付き難い不気味さが付きまとう、

なんとも嫌な雰囲気になってきた。今後日本も遠い国のことではなく、

いつ日本でテロが起こってもおかしくないグローバル化である。


半旗

以下 yahoo japan リアルタイム(ツィート)より抜粋

★ロックのコンサートが行われていた劇場「バタクラン」がいきなり銃撃されたのは

同日、午後9時半頃。劇場近くにいたという学生のフィリップさん(25)は

「突然、激しい音が聞こえた」と声を震わせた。銃声のような音が聞こえ、

友人と慌ててその場から逃げたという。

★同劇場は当時、ロックコンサートが行われていた最中。目撃者によると、

少なくとも2人の男が劇場の入り口付近で銃を取り出し、いきなり撃ち始めたという。

劇場内は一瞬にしてパニック状態になり、観客は一斉に床に伏せたという。AFP通信によると、

母親とともに劇場内にいたという男性は、「床に伏せた後、非常口から何とか逃げ出した。

悪夢だった」と話した。

★フランスでは全土で非常事態宣言が発令されており、パリでは市民に対し、

犯行の全容が解明して安全が確認されるまでは外出を控えるよう求めている。

フランスでは今年1月、政治週刊紙「シャルリー・エブド」などを狙った連続銃撃テロ事件が発生。

その後も各地でテロ未遂事件が続き、厳戒態勢が続いていた。非常事態宣言を受け、

仏当局は国境での出入国管理を厳格化。安全措置のため、パリ市内の美術館などは閉鎖された。

フランスは古来たいへんにマッチョな国家なので,真相がどうであれ,

時の政権が選べる手段は少なかろうとは思う。

★革命によって民衆の力で建国をした、という意識が強くあるため、

フランス国旗が掲げる自由・平等・友愛というスローガンや普遍主義(人権、世俗性、国民の不可分)は

大事な精神性としてこういう場で必ず出てくる。

★もし日本でフランスのようなテロが起こったら、自分なんかは、

これまで政府が間違った外交をしてきた挙句の出来事だと思うわけだけど、

今の政府はおそらく「ほら、だから憲法解釈変えて正しかっただろ」とかほざいて、

その支持者たちが「そうだそうだ」と拍手喝采するんだろう。なんか、絶望しかない。

フランスでは緊急事態宣言で国境閉鎖、オバマも緊急会見でいまもCNNでは突入の中継が流れているのに、

日本のテレビは速報でちらっと流してあとはバラエティだもんな。

★Googleは14日、ハングアウトでフランスへの国際電話を無料にしたと告知した

14日にフランスのパリで発生した同時テロ事件をうけたもの

通常は携帯宛てで1分3セント、固定電話宛てで1分1セントの通話料が必要

★何よりも命が優先。 安全のための選択。 今回は最悪の場合を想定して、ですよね。

選手にとって辛い状況ですが、時を改めてのISUの告知を待ちます。

まずは選手たちが無事母国へ帰れますよう。

★パリ同時多発テロ事件で世界中の首脳が怒りの声!安倍首相「フランスをはじめ国際社会と連携していく」

★120人以上が犠牲になったテロ事件について、アメリカのオバマ大統領は、緊急の声明を発表し、

「市民を恐怖に陥れる非道な企てだ。フランス国民のみならず、全人類と普遍的価値への攻撃だ」と強く非難した。

★また、ドイツのメルケル首相も、「私の心は、テロの犠牲者とその家族、そして、

パリの全ての市民と共にある」とのメッセージを発信した。

★一方、ロシアのプーチン大統領も、哀悼の意を表し、フランス国民への支持と連帯を表明している。

フランスの同時テロはイスラムの過激派「イスラム国」の犯行だとオランド大統領が会見したそうだけど、

 その「イスラム国」がつい最近、ネット機関誌「ダービック」の最新号で、日本を名指しして、

支持者に「日本の外交使節をボスニアやマレーシア、インドネシアで狙え」って呼び掛けてるんだからね

 


<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る