写真や動画の保存も無制限や携帯などに可能な自動バックアップ!

<スポンサーリンク>


■写真や動画などの管理方法はより便利に!

友人や家族と出かけた旅の思い出に写真を沢山とったり、

子供の運動会や発表会で沢山写真を撮るなど、

思い出を残す方法として写真はあらゆるシーンで活躍します。

ですが、写真を撮ったものの、現像をしにカメラ屋さんに行くのが面倒であったり、

沢山現像した写真の保管方法がわからなくて困ってしまったという経験はありませんか?

プリントは今や自宅にいながら現像することが出来ます。

ネットプリントを利用すれば、現像したい写真だけを選んで送信することで、

希望の日時に自宅に届けてくれます。

これなら仕事や家事・育児で忙しい方にも便利ですね。

また現像した写真を保管する方法がわからないという方におすすめなのが、

フォトブックです。アルバムに一枚ずつ入れていくと、とてもかさばります。

しかし、フォトアルバムにすることで一冊にまとめることができるため、

収納もしやすくなります。可愛いレイアウトも簡単にすることができ、

プレゼントにも喜ばれています。一冊にまとめることで、

好きなときに見返しやすく、思い出話にも花が咲きますね。

写真整理が苦手な方や時間がない、面倒だと感じている方は、

インターネットのサービスを上手く活用してみてはいかがでしょうか。

気軽に楽しむことが出来ます。

■どうしてる?大切な写真データを保存する方法

アンケートの結果、最も回答が多かったのは「特にプリント(紙焼き)にせず、

メモリーカードやパソコンに保存したまま」(64.0%)

二度と出会えないかもしれない瞬間を捕らえた大切なデータですが、

「データの正しいバックアップ」を怠ると一瞬で消えてしまう可能性もある

大切な写真を長く保存するために知っておきたい「バックアップ」のキホン

デジタルカメラは気軽に沢山の写真を撮れますが、

撮りためた写真はどのように保存しているでしょうか?

PCのHDDに入れたまま? それともSDカードに保存しっぱなし?。

■貴重な写真をいつまでも

大切な人のハッとするような表情、長い時間待ち続けてやっと出会えた自然の営み、

貴重な一瞬を撮影した時の喜びと充実感はひとしおである。

そんな2枚とない画像データの扱いを、みなさんはどうしているだろうか?

<スポンサーリンク>

今お使いのPCやHDDディスクが故障してしまっても大丈夫ですか?

写真を保存する方法はいろいろあります。

データ保存はバックアップが大切です。

まずはPCに保存したうえで、そのデータを2重、3重に保存することが

データ損失のリスクを減らします。


ppc

  1. PCに保存

パソコンへの保存はバックアップの基本

大前提として撮った写真は毎回かならずPCに保存する癖を付けること

ホントに大丈夫?大切な写真を確実に保存する方法![バックアップ]

パソコンに保存されているデータを外部の記録メディアにコピーしておき、

パソコン本体に問題が生じても予備のデータで復旧できるように備える

カンタン確実!デジタル写真の保存、パソコンに保存されている

大切なデータを予期せぬトラブルから守るために不可欠。

外部の記録メディアとして、外付けHDDやDVD/BDなどの光記録メディアなどがあります。

  1. 外付けHDD(ハードディスク)に記録して保存

大容量で、大量のデータを保存する装置としては比較的安価(¥10,000程度) 


PC2
3. 写真を無制限に保存出来る


Google+自動バックアップを使わない手は無い!

元のサイズ: Google アカウントに割り当てられる 15 GB の保存容量

(無料)を使用可能。写真や動画は撮影時のまま保存されます。

PC3

4. アプリ連動ガジェット

iPhone,iPadの容量を増やす USB/Lightningフラッシュメモリ。

iBRIDGEから直接写真・動画・音楽・書類などの閲覧・再生が可能

16 GB ¥6,977~256GB ¥44,518まで5種類あり。


pcpc


<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る