脱ぎっぷりが凄!5→9~私に恋したお坊さん~(5時から9時まで)

<スポンサーリンク>

私に1
石原さとみ(いしはらさとみ)

1986年12月24日|やぎ座|東京出身|A型

石原 さとみは、日本の女優。本名非公開。

東京都出身。ホリプロ所属。

Fペディア(出典:Wikipedia)

出身地

東京都
生年月日 1986年12月24日
血液型  A型
身長   157cm
趣味・特技   お琴・テニス・ピアノ
デビューのきっかけ
第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン
「ピュアガール2002」でグランプリ受賞。

山下智久/星川高嶺

キュンとするラブストーリーをお届けできたらと思います

最終回に向けて、キュンとするラブストーリーをお届けできたらと思います。

東大でインド哲学を専攻していた僧侶の役ですが、

そこ(専攻)は実際にあるそうです。年に1人か2人しか入らなくて、

変わっている方が多いと聞いています。

僕の役も、普通の人には理解できない行動をとるのですが、

視聴者がギリギリ離れないところでやっていき、

(主人公の)潤子先生に共感してもらえるようにと思っています。

石原さんと初めて共演させていただいていますが、

現場や取材でご一緒すると、

すごく自分の芯を持っている強い女性なんだろうな、

と思いました。現場を引っ張っていく女優さんだなと勝手に感じています。

すごく明るい現場なので3カ月間楽しみです。

「5→9~私に恋したお坊さん~」

脱ぎっぷりが凄すぎる!山下智久が出演作で脱がされまくっている件

山下智久さん主演の月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」。

そこで視聴者の視線を一番釘付けにするのが山下智久さんの”筋肉”。

これまでの出演ドラマ、映画、雑誌などで脱ぎまくっている山下智久さんを

詳しく紹介します。 更新日: 2015年10月28日

あらすじ 11月23日放送分(第7話)

高嶺(山下智久)を意識し始めた潤子(石原さとみ)は、その一方で清宮

(田中圭)を避けてしまう。そんな中、京都の寺で修行をしていた高嶺の弟・

天音(志尊淳)が、潤子の前に現れる。実は天音は、ひばり(加賀まりこ)から

、高嶺と潤子を別れさせたら一橋寺の次期住職にすると言われていた。一方、

高嶺は寧々(恒松祐里)の誕生日に豪華なパーティーを企画。

それを止めた潤子は、高嶺とは価値観が違い過ぎると自分に言い聞かせる。

私に2

<スポンサーリンク>


11月16日放送分のあらすじ(第6話)

桜庭家で行う祖母の法要を高嶺(山下智久)に頼むことになり、

気まずい潤子(石原さとみ)。その一方、英会話教室では外国人講師

カップルの結婚式をロビーで行うことに。清宮(田中圭)と一緒に司会を

任された潤子だったが、彼と女性が写った写真を偶然見てしまったことで悩み、

彼を避けてしまう。そんな中、潤子の祖母の人柄を知るため、

祖母が子ども時代の潤子ら家族と写ったビデオを見た高嶺は

今の潤子の姿も撮り始める。

11月9日放送分のあらすじ(第5話)

清宮(田中圭)を昔好きだったことを思い出し、感傷に浸る潤子(石原さとみ)。

一方、潤子と週末のデートの約束を強引に取り付けようとする高嶺(山下智久)は、

懸命にプランを練る。そんな中、ビジネスクラスも兼任することになった潤子は、

清宮に応援されにやけ笑いが止まらない。だが、そのクラスも受講する高嶺が

三嶋(古川雄輝)と自分をめぐって火花を散らし、

頭が痛い潤子は高嶺に付き合う気はないと告げようとするが…。

11月2日放送分のあらすじ(第4話)

満(上島竜兵)が恵子(戸田恵子)の実家に泊まったことをきっかけに

結婚したと聞いた高嶺(山下智久)は一橋寺での宿坊体験を思い立ち、

ひばり(加賀まりこ)の反対を押し切って不眠不休で準備する。

高嶺から強引に宿坊体験ツアーに招待された潤子(石原さとみ)は、

百絵(高梨臨)に付き合ってもらい渋々行くことに。

‘腐女子’の百絵は僧侶だらけの環境に大喜びだが、

苦手なアーサー(速水もこみち)も招待されていたため動揺する。

10月26日放送分のあらすじ(第3話)

自分の夢を奪った高嶺(山下智久)への怒りが収まらず、

やけ食いしていた潤子(石原さとみ)は、清宮(田中圭)から

本部の人も招待するハロウィーンパーティーの責任者を任される。

その夜、潤子はそのまま百絵(高梨臨)の部屋に泊めてもらい、

彼女が隠していたある秘密を知ってしまう。一方、高嶺はショックで食を断ち、

なんとか潤子の許しを得ようと苦悩していた。そんな高嶺に、

アーサー(速水もこみち)は仲直りの方法を伝授する。

10月19日放送分のあらすじ(第2話)

寺から逃げ出した潤子(石原さとみ)が帰宅すると、

先回りした高嶺(山下智久)が両親に結婚の許しを得ていた。

そこへ現れたひばり(加賀まりこ)も、寺で潤子に花嫁修業をしてもらうと言い出す。

そんな折、潤子は合格すれば即ニューヨーク本部に異動という

難関の正社員昇格試験への挑戦を決める。その一方、

高嶺に1週間だけ花嫁修業に耐えたら二度とつきまとわないと

言われた潤子は修業と試験勉強の日々を送ることになる。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る