仕事の流儀に見るプロフッエショナルのある共通点とは!

<スポンサーリンク>


仕事ができる人間になるために心がけたいこと

プライベートで友達と会っているときなどに、ああ、

この人は職場でも仕事ができるだろうなと感じることはありませんか?

仕事ができる人は、会社以外の普段の生活においても、ある共通点があります。

日々、ちょっとした心がけをすることで、あなたも今以上に

仕事ができる人間になれるかもしれません。

まず、そうした人たちにいえることは、時間の使い方が上手だという点です。

そしてサッと、その日の段取りを組むことができます。

仕事をスムーズに行うためには、計画性や段取りも非常に大切になってきます。

とりあえず適当に気が向くままに作業をしていては、時間が足りなくなることもあるでしょう。

限られた時間を、どれだけ有効に使えるか。

これがまず、仕事ができる人になるためのポイントといえるでしょう。


阿部
次に言えることとして、部屋が散らかっていて机の上もぐちゃぐちゃな人は、

仕事もうまくいかなくなりがちということです。

職場のデスクだって綺麗に整理していれば、

何か必要な書類があるときもすぐに見つかりますよね。

机の上が広いスペースがあるので、書き物もしやすいでしょう。

集中して作業ができるはずです。整理整頓する癖をつけること。

これも、仕事ができるための重要なポイントです。

時間の使い方と整理整頓。この二つを常に心がけることで、

今までよりもずっと仕事がはかどり、それが基本中の基本です。

できる人は、自分を語れる人です。

自分の夢のために、人生を貫いた人には「輝き」があります。

<スポンサーリンク>

熱意や強さ、生きがいがあります。

成功者といわれる人には「ある共通点」があります。

成功者はみな「あること」を心がけ、実行していることにお気づきでしようか。

できる人とできない人の一番の違いは「意識」にあります。

一流を目指す人間にとって、最後には「意識の勝負」になります。

心ということです。二流、三流の人は、主に技能を磨こうとします。

つまり、技術や知識です。大切な技能が不足している分、

それを重点的に学ぶのは必要なことです。その基礎が固まって、

ひととおり学び終わり、一流も二流も技能の差はほとんどないといえます。

何故かなら土俵が同じという条件だからです。しかし最後に差をつけるのが、

意識なのです。たとえば、プロは先生の話を聞いて「意識」を学んでいるのです。

つまり師弟関係が目に見えなくとも徹底して学ぶという、そこに違いが出てきます。

プロフェッショナル仕事の流儀

仕事の流儀には、その人の生き方が現れます。

『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、さまざまな分野の第一線で活躍中の

一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げていますので、

その内容から自らのものを掴んで欲しいと思います。

曳家

例えば、曳家職人!家などの建物を壊さずに動かす仕事ですが、

実は職人の技と想像以上の神経戦の戦いです。

肉牛農家!日本最高峰の肉質を生み出す、牛に対する情熱の

強さがすごくて、圧倒されます。

世界のトンネル工事現場を渡り歩く土木エンジニア。

かつて女性は現場に立ち入る事さえ許されなかったこの分野で活躍できるのは何故か?



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る