ラテアートでより楽しいカフェ巡りでコーヒータイムを!

<スポンサーリンク>

街にはおしゃれなカフェが点在し、カフェ巡りを楽しむ人が溢れています。

そんな中で、ここ近年ブームになり注目を集めているラテアート。

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ありがとう1

ラテアートとは、エスプレッソにミルクやチョコなどで絵を描いたもので、

エスプレッソの味だけでなく見た目も楽しめるというので人気を呼んでいるのです。

ハートやリーフ、フラワーやくまさんなどのシンプルなものから、

キャラクターの絵や似顔絵、風景画などの凝ったデザインまで、

さまざまなラテアートが見られます。

なんだか飲むのが勿体ないようにも思えるラテアートですが、

思わず感嘆の声と笑みが漏れてしまい、カフェでの時間が

よりいっそう楽しいものになるでしょう。

このラテアートは、プロが描いたものはそれはもう美しいのですが、

ごく普通のママやOLも自宅でチャレンジする人が増えています。

ラテ教室というクッキングレッスンの場までが見られるようになり、

ラテアートをマスターしたい人に人気の講座なのです。

一般的には、エスプレッソにスチーム仕立てのミルクを注ぎ、

ピッチャーから注ぐミルクで絵を描くことが多いのですが、そのほかにも、

ラテにチョコペンシルで絵を描く方法もあります。

楽しいラテアートは、自分で描くのも良し。

<スポンサーリンク>

おしゃれなカフェでいただくのも良し。

とにかくコーヒータイムがひと際楽しくなるアートなのです。

40℃以上の温かい飲み物にのせるだけでラテアートが楽しめるのが、

デコラッテ」。ゼラチン質の食べられるシートに、キュートなイラストやメッセージ、

お馴染みのキャラクターたちがカカオ色素でプリントされています。

これは特許出願中の独自技術なんだとか。ラテアートを楽しんだら、

スプーンでゆっくりとかき混ぜれると完全に溶けていきます。

食感も味も無いので、ドリンク本来のテイストを損なうことはありません。

スヌーピーやリラックマのラテアートでほっこりできそう!

家庭で本格的な3Dラテアートを楽しみたいなら、「3Dラテメーカー アワタチーノ」。


ありがとう2
スチームでミルクを温める必要がある3Dアートは、本格的な技術と器具が必要でしたが、

アワタチーノがあれば簡単です。冷やした無脂肪乳か、適温に温めた無調整豆乳を入れたら、

スイッチオン。羽根が1分間回転したあと、2分置いて落ち着かせれば、きめ細かいふんわり泡のできあがり。

出てくる泡の量を、レバー操作で細かく調整することが可能なので、

初めてでも簡単に動物などの立体を作ることができるんだとか。

コーヒーやシロップなどで顔のパーツを描けば、3Dラテアートの完成です!



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る