エンターテイメント市場は実務から溢れる娯楽へ!

<スポンサーリンク>

エンターテイメント市場!

一昔前ですとエンターテイメントといえばテレビ画面からというイメージでしたが、

「エンターテイメント施設」であれば、ゲームセンターなど遊べる施設のことを表します。

「エンターテイメント性」であれば、「娯楽性」という意味合いになります。

「楽しむ要素」という意味でもいいと思います。

現在は、あらゆる企業が普通じゃ生き残れない。

コンサル2

エンターテイメントに力をかける企業も増え、

エンターテインメント市場に再参入することになったり。

今後はエンターテイメント性がますます重視されます。

娯楽イコール各種エンターテイメント施設を楽しむという流れになっている。

昨今のインターネットの普及で伝え方や伝わり方も変わってきました。

またそれも伝える人も今まではコメディアンやシンガーなど

芸能人発信が多くを占めていましたが、

最近では一般人の投稿で盛り上がるYouTube動画シーンなどもありますし、

娯楽を発信して共有しやすくなったと思います。

最近では便利なソフトも溢れるくらいにたくさん出ているので、

撮影から編集して投稿するまで個人でもエキサイトしたり十分可能になったこともあって、

より盛り上がりを感じます。スマートフォンの普及も近年の

<スポンサーリンク>

エンターテイメントの多様化に一役買っていると思います。


コンサル
2015年8月31日 – スマートフォンの国内普及率は49.7%――。

日経BPコンサルティング(東京都港区)が このほどまとめた

「携帯電話・スマートフォン“個人利用”実態調査2015」で明らかになった。

元々、通話用電話機として始まり、ポケットに入るサイズにまで小型化すると共に、

インターネットへのアクセスを可能とすることで、

機動性の高い情報端末としての役割も果たすようになった携帯電話。

昨今では従来型携帯電話に加え、

タッチパネル方式で画面も大型化し、アプリケーションの活用により

パソコンに近い機能を有するスマートフォンの浸透普及ぶりが著しい。

今回は従来型とスマートフォンそれぞれにおける携帯電話の普及状況について、

実務から娯楽に至るまで幅を広げている。

動画サイトに至っては数分で笑顔にしてくれるおもしろ動画がたくさん

上がっていています。それを友達と共有したり拡散することが容易にできるようになりました。

もちろんそこには弊害もあって、例えばCDやMDなども

今ではあまりその名前を聞かなくなりましたし、消えていったものも多いと思います。

音楽産業は特に変化があったのではないでしょうか。

消えてゆくものと生まれてくるものがあるのがエンターテイメントの面白さであり、

それ自体がエンターテイメントなんだと思います。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る