就職(転職)活動上、役に立つ資格から、取っていきましょう!

<スポンサーリンク>

人気の高い企業になると

東証一部上場をはじめ入社するまでのハードルは必然的に高くなるのは、

言うまでもありません。企業当然即戦力などを求めるでしょうし。

採用に当たっての最初の関門は資格です。

資格の数は国家資格、民間資格などの数は3000種類以上になるそうです。

グノシー
この中で、就職、再就職、転職のために資格を取得するのであれば、

自分が目指す職種、企業の業務内容に合っているものが一番役立つ資格と言えるでしょう。

資格自体が役立つこともありますが、資格取得のために努力したこと、

自己啓発に積極的であることなどが面接の際に評価されることになります。

たくさんある資格の中から取得するものを選ぶ上で大切なこと、それは自分に

必要な資格であること。

これからの自分がどうなりたいのか、どういった仕事をしていきたいのかよく

考えた上で、その仕事に役立つ資格を取得する必要があります。

就職(転職)活動を行う際、大事なことは

他の候補者とは違う魅力をアピールする為、資格を取得する方も多いはずです。

資格は、幾ら持っていても損をする事がありませんし、私達を裏切る事がありません。

国家資格から公的資格、民間資格まで多種多様な資格があり、

どれを取得すれば良いのかつい迷ってしまいます。

資格の取得方法にもいろいろな方法があります。

そしてその難易度も簡単に1日で取れるものから、何ヶ月、何年もかけて

勉強しなければ取れない資格もあります。

また実際に仕事が始まってから役立つように、実地研修が義務化されている

<スポンサーリンク>

資格もあります。定められたテキストを行うこと、実地研修を経験すること、

試験に合格することで取得できる大変な資格もあります。

これはかなり専門的な知識を必要とする仕事に多いようです。

資格

再就職で税理士を目指す場合

役立つ資格は「税理士の資格」です。

税理士資格を受けるためには、定められた条件の学歴が必要、

日商簿記検定1級を取得していること、現場経験が3年以上必要となります。

現場経験は税理士事務所で業務補助をしていた期間、あるいは司法書士や行政書士、

社会保険労務士などの業務を行っていた経験が3年以上必要となります。

このように資格を取得するために、資格が必要となることもあります。

日商簿記のように、他の資格を取得するために役立つと思われる資格は事前に取得しておくと便利です。

再就職先がどのようなジャンルであっても、もっていて損のない資格だからです。

大事なことは、仕事を遂行する上で役に立つ資格から

順次取得していきましょう。そして何よりもお奨めしたいのが、簿記検定です。

日本商工会議所が主催する簿記検定でしたら、可能であれば2級まで取得する事をお奨めします。

財務諸表を読めるばかりか、取引先の経営状況というものを、数字から把握出来るようになるはずです。

今後益々グローバル化が進展し、ビジネスにおいても国境を越えた取引が加速するものと予想されています。

英語でコミュニケーションを交わしたり、支障なく仕事をこなす為にも、TOEICを受験してみてはいかがでしょうか。

多くの企業では、650程度のスコアがあれば戦力として活躍が期待出来ると言われています。

OSをビジネスで活用出来るスキルがあると証明出来る、MOSもお奨めです。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る