名画がキャラクターグッズにコラボレーションで大ヒット!

<スポンサーリンク>

昨今、美術館で鑑賞するようなアートが

親しみやすい形となって販売されています。

名画が鞄や傘にプリントされるなど、お手頃な価格で販売されたりしているのです。

また、デザインタッチに改変するなどしてマグカップやキーホルダーなどに

プリントされキャラクターグッズと同じ売り場に並んだりもしています。

コラボ3そうした傾向は美術館離れも一因とされ、手が届かないと思われていた

名画が身近なものになり、今名画への関心が再び高まっています。

教科書で見るような名画もインパクトの強いものほど人々の関心が高く、

それが身近なものにプリントされたりより身近に感じやすくデザイン改変されるなど

すると予想を超えたヒット商品になることがあります。

コラボ2例を挙げるとムンクの叫びなど、本来は暗いイメージの絵画ですが

インパクトが強いことから面白おかしく改変されるなどして様々な

<スポンサーリンク>

グッズがヒットしているのです。

有名キャラクターとのコラボレーションも行われるなど、

名画は今かつてない方向性を見出そうとしています。

コラボレーション(collaboration)とは、複数の立場や人によって行われる

協力・連携・共同作業のことです。またその協力によって得られた成果

(=共同開発品・合作品・協力体制)もコラボレーションと呼ばれます。

以上の両方とも、コラボと略される場合もあります。

そこには「意外な組み合わせ」あるいは「付加価値の創出」という

ニュアンスが込められる傾向があるようです。

例えば、意外な組み合わせの具体例としては

「日韓のミュージシャンによる新曲の共同制作」

「自動車メーカーと家具メーカーによる自動車の共同開発」などの事例があります。


コラボ1

高級自動車メーカー、ベントレー手がける家具を公開!

こうした傾向で特に若い年代のコラボレーションの影響で

名画への関心も高まり、新たなニーズが生まれるなど

良い循環が生まれています。

美術史に残したい位の変化ではないでしょうか。

今後、ますます私達の意表をつくコラボレーションが出現しそうです。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る