ミニオンズが2月に大阪の地下街を占領?USJでのグッズ販売店も紹介!

<スポンサーリンク>

夏に公開され、全世界でアニメ映画史上2位の興収を記録した

『ミニオンズ』のブルーレイとDVDがリリースされたのを記念して、

大阪駅・梅田駅の地下街にミニオンたちの“柱巻き広告”が登場した

ミニオンズミニオンは、バナナの大好きな黄色い不思議な生き物

子どもから大人まで幅広い層から人気を集めている。

大阪駅地下街の広告は、大阪駅前地下道媒体の東広場

ビックコラムの柱29本が“ミニオン”になるもので、

1日に250万人もの人が行き交う西日本最大級の地下通路を、

ミニオンたちが完全にジャックしている。

西大阪最大の大阪駅/梅田駅地下街に、「ミニオンズ」柱巻広告が登場

!お近くの方はぜひ見に来てくださいね!!

「ミニオンズ」DVD&ブルーレイ発売に合わせて、こういったところでも宣伝活動が。

大阪はユニバーサルスタジオジャパンがあるので本家本元といえばそうなのですが、この企画、東京方面でも開催希望です。

そのときは期間をもう少し長くしてほしい。



歌って踊るミニオン 楽しいぃぃ 自然に体が動いてきます

ミニオンたちが英国に上陸!映画『ミニオンズ』予告編第3弾

2015/07/15 に公開

『怪盗グルー』シリーズで登場し人気を博した、謎の生物ミニオンたちが主人公のアニメ­ーション。

正体不明の愛くるしいキャラクター、ミニオンたちの秘密や、グルーとの出会­いなどが本作で明らかになる。

ボイスキャストを務めるのは『ゼロ・グラビティ』などの­オスカー女優サンドラ・ブロックや、

『ニード・フォー・スピード』などのマイケル・キ­ートン。

世界中を笑いの渦で包み込む、キュートなミニオンたちの知られざる謎に目を見­張る。

3Dアニメーション映画『怪盗グルー』シリーズに登場する謎の黄色い生き物・ミニオン-たちを主人公にしたスピンオフ作品。

人類が誕生するはるか昔に地球に現れたミニオンた-ちの目的はただ一つ、最強のボスに仕えること。本作では、

グルーに出会う前に彼らは何-をしていたのかが描かれる。

ミニオン2

予告編を見ていると実に楽しくなる、心まで軽やかになる映画です、

是非ご覧になれば楽しくなること請け合いです。

<スポンサーリンク>

       USJでのグッズ販売店はこちら

ミニオンズ3
このほど公開された予告編は、海から上陸したミニオンが、恐竜やナポレオン、エジプト王、

ドラキュラなどに仕えるところから始まり、

自らの失敗でボスを次々と失うことで、無気力になったミニオンたちを映し出す。

このままではいけないと、ボスを見つける冒険の旅に出たケビン、スチュアート、ボブの3人は、1968年のニューヨークにたどり着く。

今ではオーバーオールがトレードマークのミニオンだが、同作ではそれぞれの時代にあわせた衣装を身にまとい、

ボスのために働くミニオンたちが登場する。

あわせて公開された場面写真でも、おそろいの毛皮のコートを着たキュートな姿を見ることができる。

怪盗グルーとは?

ユニバーサル・ピクチャーズ製作の3Dアニメーション映画。

主人公の怪盗グルーと手下の黄色い軍団ミニオンたちの活躍が描かれたストーリーです。

『怪盗グルーの月泥棒』と『怪盗グルーのミニオン危機一発』の2作品があります。

主人公グルーは悪党で泥棒。月を盗む計画で必要なあるアイテムを奪回するために、

擁護施設から孤児三姉妹(マーゴ、イディス、アグネス)を利用すべく里親として引き取ることになるのですが、

三姉妹との生活で次第にグルーの心境に変化が現れ…。

グルーのツンデレぶり、三姉妹の愛くるしさ、彼らが心を通わせて家族になっていく様子は必見です。

またグルーの手下である黄色い軍団ミニオンたちの人気も絶大です。劇中彼らが

見せる様々な言動や変装はとても可愛らしく、ときに面白くて笑えますので、こちらも必見です。

3D映画だけあって、ほんのちょっとした場面でもモブキャラたちのとても細かい演出がされているので、

何度も見返して、一時停止してじっくり見たい場面も満載です。

登場キャラクターも個性豊かな面々が勢ぞろいで、家族みんなで見ても、一人で見ても、楽しめる映画だと思います。

管理人のつたない言葉ではとても伝えられないので、ぜひ見てみてください。

『怪盗グルー』シリーズのスピンオフ映画。

グルーの手下軍団ミニオンたちが主人公の外伝映画です。

この映画ではミニオンたちの出生から、彼らがグルーに出会うまでのストーリーが描かれています。

ケビン、スチュアート、ボブのミニオンたちが繰り広げる珍道中や活躍は必見。

3D映画ならではの細かい丁寧な作りとこだわりはさらにグレードアップしています。

どのシーンもじっくり見たくなるほどの作り込み具合で、ミニオンファンはもちろんのこと、知らない人もぜひ見てみてください。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る