ゴールデンボンバー紅白2015「女々しくて」になぜの声!?放送禁止は大丈夫!?

<スポンサーリンク>

 

「ゴールデンボンバー/死 ん だ 妻 に 似 て い る Full size(音声モノラル64kbps)」



ゴールデンボンバー、4年連続紅白出場へ「僕たちも今日知りました」



【モデルプレス】26日、「第66回 NHK紅白歌合戦」出場歌手が発表され、



ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの4年連続出場が決まった。



同日、メンバーの喜矢武豊は出場歌手発表を受け「大変だ!4年連続!?そんなまさか」と驚きの心境をツイート。



先日ファイナルを迎えたツアーのタイトル「歌広、金爆やめるってよ」にかけ「金爆、紅白出れるってよ」と喜びをつづった。



歌広場淳も自身のTwitterで「紅白でまた松潤さんと会えるかもじゃん!!!明日からダイエットだ!!!」と心を躍らせている様子。



ブログでも「いや……僕たちも今日知りました……!」と明かし、



「4年連続出場のエアーバンドは多分後にも先にもゴールデンボンバーだけだと思うと嬉しいです」と喜びを爆発。



ファンに感謝を伝え「今年も最後の最後まで一緒にハラハラしましょうね!!!」と呼びかけた。



昨年の紅白では、樽美酒研二が“公開丸刈り”を行うパフォーマンスで大きな話題を呼んだゴールデンボンバー。



樽美酒はブログで「今年は完全に諦めとったからビックリしている気持ちでいっぱいです」と



本音を漏らしながらも「とにかく選んで頂いて以上、しっかりと頑張らせて頂きます!!



急いで髪の毛伸ばしていつでも坊主にできる様にスタンバっておきます!笑」と気合十分だ。



鬼龍院翔もブログを更新し「ありがとうございます!光栄です!」と歓喜。



演出などに関して「まだノープラン」というが「お仕事を頂いた以上、



しっかり盛り上げたいと思います!」と意気込んでいる。



ゴールデンボンバーは今月行われたイベントで、もしも紅白に出場できなかったら



「タバコを始めて、ドローンを飛ばす」(鬼龍院)、「みんなでリーゼントにしよう」(樽美酒)と発言し沸かせていた。



(modelpress編集部)  引用:モデルプレス



紅白歌合戦、ゴールデンボンバーは何度も”女々しくて”・・・なぜ?



というタイトルが様々な所で流れており、『NHK紅白歌合戦』に3回目の出場を果たす



ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーが、3年連続で「女々しくて」を歌うことが分かり、



ファンが困惑や。「NHKはメンバーの気持ち考えて!」 – エキサイトからの意見など。



Twitterには、「え?『ローラの傷だらけ』じゃないの!?」「NHKが強制してるの・・・としか思えない」



「ショックです! ローラ聞きたかったのに!」「NHKは、鬼龍院さんの気持ち考えないの!」



「ほかにもいい曲いっぱいあるのに……」といった声が相次いでいる。ファンは困惑し、様々な声がでました。



Twitterの声ではゴールデンボンバーーおもしろい 今年も紅白出るようだし、



女々しくてだけで、こんなに持続してるのもいいことです。



また、その反対も多くありました。大晦日の紅白歌合戦でどれだけ盛り上げてくれるか楽しみです。



<スポンサーリンク>

放送禁止用語



初出場勢12組の会見で“放送禁止用語”で会場をわかせたのが、



楽器を演奏しないエアバンドとして史上初めて出場するゴールデンボンバーだ。



言いたいことがあるとマイクを手にした樽美酒研二(31)が「オチ○チ○」と一言だけ発してニヤリ。



あきれたような笑いが会場を包んだ。



ただ、NHK側は怒り心頭。会見後、原田秀樹チーフプロデューサーは「会見は生放送ではなかったですけど、



事故は事故。発言には気をつけてくださいと注意しました」と険しい表情で語った。



06年のDJ OZMAの過激な“全裸”パフォーマンスも大問題になったこともあるだけに、厳しい態度で臨んだようだ。



メンバーも局側に謝罪し「(番組を)汚さないようにやります」と約束したという。



バラエティ番組では、放送禁止用語が飛び出ると、「ピー」といった音などで発言が消されるのをよく目にします。



でも生放送では、そうはいかないようです。



フアンの方なら、そんな“放送禁止用語”でいちいち目くじらたてなくとも、という寛容の気持ちだと思うのですが。



でもやっぱり“放送禁止用語”は守りましよう。



ゴールデンボンバー 2

プロフィール

ゴールデンボンバーとは、2004年にボーカル鬼龍院翔とギター喜矢武豊を中心に結成され、



その後ベースの歌広場淳、ドラムの樽美酒 研二が加入し現在もメジャーデビューせずインディーズレーベルにて活動している、



ヴィジュアル系エアーバンドです。



作詞作曲は全て鬼龍院翔が行っており、歌うのは勿論、楽器を実際に演奏する場合も鬼龍院翔が殆ど一人で行っています。



他の三人はライブ中に踊ったり、服を脱いだり、坊主になるなど様々な個性的なパフォーマンスを行っています。



バンドのキャッチコピーは「笑撃のライブパフォーマンスと奇才・鬼龍院翔の創り出す、



クオリティーの高い楽曲で注目の究極のエアーバンド」、



コンセプトは「ハイパー・ギガ・ハイブリッド・スーパー・サブカル・ビジュアル・ロック」です。



鬼龍院翔は、ライブでミニ四駆で有名なタミヤ模型のTシャツを良く愛用しており、



売上が上がった為タミヤからお礼として「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の限定ミニ四駆がプレゼントされた事があります。



喜矢武豊は元野球部で運動神経が良く、それを生かしてライブパフォーマンスも最も芸人気質の強い物を披露する事が多いです。



歌広場淳は、嵐の松本潤のファンで、彼の主演ドラマをツイッターで実況したり感想を呟いていたのが有名です。



樽美酒研二は、身長が高くいつも歌舞伎役者の様なメイクをしているがブログではすっぴんを公開しており、



イケメンだと評価されています。



「女々しくて」がCMタイアップ曲として爆発的ヒットとなりバンドの知名度を上げ第32回JASRAC賞金賞を受賞しました。



紅白歌合戦には2012年から連続出場中です。



現在ソフトバンクモバイル 白戸家シリーズやカラオケJOYSOUND、三和酒類「いいちこ 2014麹プロジェクト篇」等に出演中です。








<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る