SMAP解散の危機認める…「ケンカするとすぐ直結」中居正広!

<スポンサーリンク>

SMAPの中居正広が18日、自身がMCを務めるフジテレビ系バラエティー番組「中居正広の神センス!塩センス!

お騒がせな芸能人の失敗告白SP」でSMAP解散の危機について告白した。

5人そろって食事をすることはないという。

中居正広が『すべらない話』でジャニーズのタブー“近藤真彦問題”に踏み込んだ! 凍りつく芸能マスコミ…?


ドランクドラゴンの鈴木から「SMAP解散の危機はあったんですか?」と

尋ねられると中居は「30年ちかくやってればあるんじゃないですか」と率直に認めた。

「ちょっとケンカしたり、小競り合いがあるとすぐそっちに直結」と続け、「森君がやめたときが一番。

6人から5人になるときは覚悟決めなきゃいけないと思った」とグループをやめてオートレーサーになった森且行の名前をあげた。

中居は「5人でやるものなのか、ばらばらでやるのか。

それが96年だった」と振り返った。結果、「5人でやろうぜ」と再スタートを切った。

中居は「96年5月に(森が)やめたけど、

4月にスマスマがスタートした」と同局系の「SMAP×SMAP」が始まったことを述べた。

また、「ビストロSMAPは森君が料理うまかったから始まった。

その2カ月後に本人やめちゃうからね」と裏話も披露。

また、5人の普段の付き合いについて中居は「5人でご飯を食べることはない。

森君がやめるって時に食べたくらい。ツアー行って地方に行って5人で食べることもない。

俺は外に出ないから。

地方のおいしいものとか全然興味はない。ルームサービスのカツカレーが大好き」と独特の価値観を語った。

中居1

SMAP同調の中居ら4人行き場失わせた女性マネ、独立クーデター失敗…!

SMAPの分裂危機を各紙が報じているが、

所属先のジャニーズ事務所はメンバー4人が独立を検討していることを認め「協議・交渉がなされている」としたが、

今回の騒動は一事務所側の内部分裂では済まない問題があり、日本の芸能界の体質から出た問題だけに、

多くのフアンを悲しませる結果になり、その罪は誠に重いものがある。芸能界のトップランナーの冠は、

醜い争いによって沸騰したと思える。

また、育ての親である女性マネジャー(58)主導のSMAP独立計画が失敗したことが判明。

女性マネジャーは芸能界から身を引く意向を伝え、

今後メンバー4人が事務所に戻ることになるか動向が注目されることになる。

<スポンサーリンク>

ジャニーズの事務所はこの日、「SMAPの一部メンバーの独立問題」として「確かに、

この件について協議・交渉がなされている」とのコメントを発表せざるを得なく。

中居正広(43)稲垣吾郎(42)草なぎ剛(41)香取慎吾(38)の4人の独立問題について協議・交渉中であることをやむなく認めた。

関係者の話では、メンバーは同事務所との契約期間が9月まで残っており、

実際に退社するかの結論は出ていない。

今後のことを含め協議・交渉中である

残留を決めている木村拓哉(43)を含めた5人はこの日、全員オフで公の場に姿を現すことはなかったが、

次のステージまでには何らかの対策が必要に迫られた。

注目は現在進められている「協議・交渉」内容だ。もはや独立に向けた話し合いは行われていない。

女性マネジャーが主導した独立工作はすでに失敗し、後始末についての交渉に入っているが、

場合によれば後日損害賠償の請求もあるかも。

今回の独立工作の引き金になったのは、女性マネジャーと同事務所側の間に大きな溝ができたこと。

昨年9月には双方が弁護士を立てなければ意思疎通ができなくなるほど険悪な関係になる中、

女性マネジャーはメンバーを連れて同事務所から独立することを画策した。

しかし、タレントを連れての独立は芸能界のルール違反。「これがまかり通ると芸能事務所は立ち行かなくなる。

元の事務所に後ろ足で砂をかける行為で許されるものではない」(芸能関係者)。

クーデターは芸能界の支持を得ることができず失敗に終わった。

このクーデター失敗を象徴したのが、12日に開かれるはずだったジャニーズ事務所の子会社「ジェイ・ドリーム」の株主総会。

株主でもあるSMAPのメンバーが参加する中、取締役を務める女性マネジャーが解任される予定だったが、クーデターが失敗したことで自ら辞任を表明。「開催の必要がなくなり取りやめになった」(関係者)。

現在、独立工作に同調したメンバー4人は行き場を失っているが、

女性マネジャーは同事務所を退社し、芸能界から身を引くことで騒動の収束を図ろうとした。

だが、数多くいる所属タレントに示しをつけなければいけない同事務所側としてのメンツも立たず4人を簡単に受け入れられるはずもない。

今後の行方が見えない今回の騒動。

ただ、これまで水面下で進んできた交渉が、報道で白日の下にさらされることになった。

5人は2020年の東京パラリンピック大会の成功とパラスポーツの振興を目指す

「日本財団パラリンピックサポートセンター」のサポーターに就任したばかりでもあるが。

日本中が応援するイベントの職を自分たちのトラブルで棒に振るのは、

メンバーだけでなく同事務所にとっても立ち上がりが不可能なダメージになる可能性があり、

今回の事態を打開までは二転三転する可能性がある、

ファンや世間の声からは非難や中傷の声も飛んで来る、


今回の騒動は一事務所側の内部分裂では済まない問題がある。



<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る