アダルトサイトの相談が年間10万件を突破!手口公表!

<スポンサーリンク>

アダルトサイトに関する相談は、毎年大変多く寄せられていて、2014年度には10万6,279件となり、過去最高の相談件数となっています。

近年、全国の消費生活センターに寄せられる商品・サービス別の相談件数をみると、

アダルトサイトに関する相談が1位となっていますが、2014年度には、

ついに過去最多の10万件を超える相談が寄せられました。

相談をみると、「有料だという認識がないままサイトを見ていたところ、突然、料金の請求画面が表示された。

支払わなければならないか」等、業者に支払う前の相談が多くみられます。

しかし最近は、スマートフォンでサイトを閲覧してトラブルとなるケースも目立ち、

「業者の問い合わせ先に電話をしたら、

支払うよう強く言われたので、焦って支払ってしまった」等のように実際に被害が出ているケースも少なくありません。

そこで、最新の相談事例を紹介し、トラブルの拡大防止のため、気を付けるよう消費者に対し注意を呼び掛けています。

スマートフォンに表示される請求画面(イメージ例)

アダルト1

出典:国民生活センター

・騙しリンクばかりで動画が見れない

・ワンクリ、ツークリ、スリークリック詐欺の広告が貼られてる

・ウイルスに感染する危険性がある

・動画の映像の質などが悪い

無料で動画が見れたりするブログやサイトも巷には溢れていますが、

そこで動画を見ようと思ってもいつまでたってもその動画にたどり着けない…って経験をした方も多いかと思います。

あれは騙しリンクと言われていて、アクセスを他のサイトに流したりとそういう目的で行われています。

しかし動画を見たい側にとっては何のメリットもなく、クリックしたらまた違うサイト…という具合にうんざりしてきますよね。

それで気づいたら2時間も3時間もやっていた…なんて時間を無駄にした経験もあるかと思います。

・架空請求などが届かないか?

・個人情報は流失したり悪用されたりしないか?

・法外な値段をボッタクられるんじゃないか?

・ちゃんと退会できないんじゃないか?

・ワンクリック詐欺、ツークリック詐欺なんじゃないか?

相談事例

【事例1】

アダルトサイト業者から次々に利用料を請求され、高額な料金を支払ってしまった

【事例2】

タブレット端末で歌手の動画を見ようとしたら、アダルトサイトに登録された

【事例3】

アダルトサイトを見ていたら、請求画面の表示と同時に突然シャッター音が鳴った。

消費者へのアドバイス

無料だと思っていても、料金を請求されることがあるので、不用意にアクセスしない。

自分で「無料」という言葉を入れて検索しても、必ずしも無料サイトであるとは限りません。

別のサイトや広告等からアダルトサイトに誘導される場合もあります。

1回のクリック等ですぐに有料登録になるのではなく、利用規約等への同意を求める表示や、

「はい」「いいえ」のボタンがあるとき、再生ボタンを複数回押させるとき等は、有料であることが多いようです。

業者に決して連絡しない

料金の請求画面を表示させる際、IPアドレスやスマートフォンの個体識別番号等が表示されることがありますが、

それによって業者が消費者の名前や住所、連絡先等を特定しているわけではありません。

請求画面等には、「退会はこちら」「誤操作の方はこちら」等というボタンが用意されていますが、

これらのボタンを押すことで業者に連絡してしまい、業者から請求を強く求められるだけでなく、

個人情報を教えてしまうことにもつながります。

特にスマートフォンを利用している場合、すぐに電話発信やメール送信ができ、業者につながってしまいます。

決して業者に連絡しないようにしてください。

<スポンサーリンク>

お金は支払わずに、最寄りの消費生活センター等に相談する。

身に覚えのない請求をされ、請求内容に納得できない場合には、あわてて支払ってはいけません。

業者に支払ってしまうと、トラブルに気付いて返金を求めようにも連絡がつかない等、

お金を取り戻すことは困難です。

不安に思った場合には、業者に連絡をとったり、支払ったりせず、最寄りの消費生活センター等に相談しましょう。

アダルト2

【事例1】

アダルトサイト業者から次々に利用料を請求され、高額な料金を支払ってしまった

「有料アダルトサイトの利用料が払われていない」というメールがスマートフォンに届いた。

驚いて、サイト業者に電話したところ、「昨年9月末に登録されている」と言われた。

その頃、アダルトサイトに登録になったという表示が出たことがあったので、その時のことかと思ってしまった。

業者から「25万円払ってくれれば翌日保険が適用になるので返せる」と言われ振り込んだ。

翌日、同じ業者から「3サイト登録されているが、ここも保険が使えるので75万円払ってくれ」と言われ振り込んだ。

その翌日、「保険の手続きをしていたら違う会社からも請求があった」と言い、

銀行で振り込むことができないようになっているから90万円を何回かに分けて口座に振り込むよう指示された。

銀行で振り込んでいると銀行の人が不審に思ったのか、「大丈夫ですか」と聞かれたが、

支払わなければならないとパニックになっていて「大丈夫」と答えてしまった。

振り込み先は個人名だった。そのような保険は本当にあるか、だまされたのだろうか。

(受付年月:2015年1月 契約当事者:30歳代 女性 給与生活者 愛知県)

【事例2】

タブレット端末で歌手の動画を見ようとしたら、アダルトサイトに登録された

昨日、自宅でタブレット端末を使って、インターネットを見ていた。

歌手の動画を見ようと、動画サイトをタップしたつもりが、

表示された18歳以上かを確認する年齢確認ボタンをタップしてしまった。

すると、突然、アダルトサイトの会員登録完了の画面が表示された。

よく見ると「誤操作の方は24時間以内に連絡するように」との表記があったので、

その連絡先の電話番号に自宅の固定電話から電話をして、「誤作動なので取り消してほしい」と伝えた。

しかし、業者からは「すでに登録は完了している。

180日間は利用料金が無料だが、登録費用9万9,000円の支払い義務がある」と言われた。

そこで、支払い先を尋ねたところ、「教えられない」と言われ、不審に思い電話を切った。

個人情報の取得が目的だろうか。警察に電話で相談したら、「支払わずに様子を見るように、

今後、業者からの電話には出ないように」と言われた。このような対応でよいだろうか。

(受付年月:2015年3月 契約当事者:60歳代 男性 給与生活者 福島県)

【事例3】

アダルトサイトを見ていたら、請求画面の表示と同時にシャッター音がした、

スマートフォンで無料のサイトと思ってアダルトサイトを見ていた。

しかし、「再生ボタン」をタップすると、突然、カメラのシャッター音がして、「有料登録が完了しました。

ありがとうございます。料金は10万円です」という画面が表示された。

電話番号や名前などの個人情報は一切入力していない。

学校の授業で教わったワンクリック詐欺だと思う。画面が請求画面になってしまったので、

それまで見ていたサイト名や業者名はわからない。

有料だと思っていなかったので、支払いたくない。今後、どのように対応すればよいか。

(受付年月:2014年9月 契約当事者:10歳代 男性 学生 山形県)

アダルト3


<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る