女性同士の付き合いで大切なもの!

<スポンサーリンク>

【女性は集団を好むものだから】

人の悩みの8割は人間関係に関することだといわれています。特に女性は集団で行動することが多いので、その中で複雑な関係に悩んでいる方も多いでしょう。

男性は一人で行動することが多いのに、どうして女性は集団で行動するのでしょうか。小学生の頃からすでに「グループ」が存在し、上手に立ち回れないことでイヤな思いをした経験は、女性なら誰でもあるのではないでしょうか。

そもそも女性は、狩猟などをしていた大昔から「家を守る」ことを仕事にしてきました。男性が狩りに出ている間、協力して家事をこなし、子どもたちを守ってきたのです。

ある意味、女性が集団を好むのは本能的なものです。このDNAは容易に変わるものではないでしょう。

【集団でいると安心できるから】


集団行動を好む女性は、大勢に囲まれていると自分が強くなったように感じることが多いようです。大勢の意見に合わせて行動していれば、一人で間違ったことをする心配もなく、全体の行為が正しいものであると錯覚しやすくなるのです。

だからといって、いつでも人の意見に合わせているかというとそうではないんですね。

【女性なぜ陰口を叩くのか】

女性はよく裏表があるとか腹黒いといわれることがありますが、これは女性が「感情を優先させる生き物」であるからだと考えられます。

女性は男性に比べて大脳辺縁系にある「扁桃体」という部位が8倍も活発に機能するそうです。

扁桃体とは、快・不快などの原始的な感情をつかさどる部分。

女性はよく、理由ははっきりとわからないんだけど「生理的にダメ」と感じることがありますね。

男性に対して、性格はいい人なんだけど、生理的にダメだわ、など。

これが女性の方が「感情的になりやすい」といわれる理由のひとつです。

理性的に考えれば、同じグループの”友達”の悪口なんて言っていたら、

自分にとってもプラスになることはないですし、

何か嫌なことがあったのだとしても違う解決策を思いつきそうなものですが、

感情が先走ってしまう人は理性的に考えることが出来ず「悪口」という行動になってしまうようです。


松たかこ
(出典:Wikipedia)




<スポンサーリンク>


【グループの中に苦手な人がいたらじっくり観察してみよう】


どこへ行っても合わない人、苦手な人はいます。それでも、大人になれば苦手だからといって無視することは出来ませんし、まして同僚など仕事関係の仲間ならうまくつきあっていかなくてはいけませんね。


そんなときは、相手をじっくりと観察してみましょう。そして相手のどんなところをイヤだと自分が感じるのか、よく見てみます。

するとその人の行動の原因が見えてきますよ。人の悪口を言ったり、すぐに人を攻撃するようなタイプの人は、コンプレックス(劣等感)の塊だったりするんですね。

自分の心を守りたいという無意識の行動で、人を傷つけるような言動をしたり、陰口を叩いたりすることも少なくないのです。攻撃は最大の防御であるということを感覚で知っているからです。


もしもそういう傾向があるということがわかれば、対応の仕方も変わってくるはずです。

相手の長所をさりげなく褒めるとか、お互いにとってプラスになる行動ができるといいですね。

あなたを攻撃する必要はないのだということをわかってくれれば、自然とトラブルも少なくなるでしょう。

【人付き合いには適度な距離感が必要】

ただ、どうしても付き合いが辛いと感じたら、適度な距離を置いても問題ないか、距離を置いた場合、

あなたの人生にとってどのような影響があるのか考えてみましょう。たいていは、たいした影響はないですよ。

もちろん、無視するわけではありません。挨拶はするし、されたらこちらも返しましょう。ただ、

自分から近寄っていかなければいいのです。

100%、誰とでも仲良く出来る人はいません。

ですから、どうしても苦手な人やあなたに攻撃を仕掛けてくるような人を好きになる必要はないのです。

かといって、敵対するのもよろしくない。自然と距離を置いていけるように、

相手のペースに巻き込まれることなく、自分が心地よく過ごせる方法を考えましょう。


<スポンサーリンク>

サブコンテンツ

TOPへ戻る